とーいのつれづれ

タイを中心としたホテルや飛行機、遊びなどをつれづれに綴っています。

タグ:#SLAMDUNK

いつもご覧いただき、ありがとうございます!とーいです。


先日Yさん、かつをさんとタイ仲間忘年会兼、Yさん訪泰報告会兼、反省会をいたしました。



やはりタイ好き仲間での集まりは楽しいですね。



Yさんが早速ブログ記事にしてくれています。






私も記事にしようかと思いましたが、Yさんが丁寧に記事を書かれてくださるので私はざっくりと書いてしまい、適当さがバレると思いますので不要かな・・・と(笑)



上野のタイ料理店での開催でしたが、かつをさんは解散後に行きつけの「ムンパック」に繰り出されて一波乱(?)あったようです。



ムンパックは月曜にもかかわらずタイ人で盛況だったようです。タイ人ツーリストも来ていたそうで、翌日5時起きの私とYさんは断念してしまったことを後悔です。



さてさて。たぶんこの記事が訪泰前の最後の記事になると思いますのでこんな話題を。



題して



「私が選ぶベストシーン!SLUM DUNK編です。



(笑)



タイネタではありませんので離脱いただいて構いませんよ。すみませんm(__)m



いやぁ、先日The First SLUM DUNKを見て痺れてしまいました。もぉ一度見に行くつもりです。



先日の飲みでもかつをさんやYさんにがっつりネタバレを含めて語ってしまいました。



でもSLUM DUNKファンであれば絶対に見て欲しい映画です。山王戦がヌルヌル動く映像で見れる「だけ」でも満足しますよ。



ただ、SLUM DUNKをご存じない方は登場人物紹介もありませんのでチンプンカンプンかもしれません。



で、まずは「殿堂入り」から。



ベストシーンでは誰でも絶対に入るシーン3つ。




「安西先生。。。バスケがしたいです。。。。」



炎の漢(オトコ)ミッチーの名台詞と言うか、スラダン屈指のセリフと言うか、漫画史に残ると言うか。



もぉ、別格のシーンのひとつですよね。



これは殿堂入りとして今回のベストシーンからは敢えて外します。



もうひとつは



「大好きです。今度は嘘じゃないっす。」



山王戦で背中を痛めた花道が晴子さんの肩に手を添えて言う、バスケに対する愛をはじめて告るシーン。



桜木軍団が周りでクチをポカーン( ゚д゚)というか、啞然というか、驚いてしまうあの絵がとても好きです。



これまで連載を見続けていたからこそ花道のバスケに対する思いも感じてしまい、私は感動しました。



これも殿堂入りです。



そして殿堂入り最後はたぶん、皆さんも同様のベストシーンにあげるであろう




touch




2人のタッチシーン。



原作では見開きで「バーン!!!!」て感じで当時、ジャンプを電車で読んでいた私は涙が噴き出したことを今でも覚えています。



今回の映画で山王戦だと分かった時点で、このシーンがメインで最後の締め的に纏まるんだろうなと思っていました。



なんど見てもこの2人のタッチは涙が出てきます。



今回はじめて映画でスラダンを知った人には2人の関係性が分からないのでこの感動は無いだろうなぁとも思います。



もうひとつ、殿堂ではないのですがこのタッチに繋がる重要なシーンで大好きなのが



lastpass




ここですよね。


パスを出す流川のカッコよさに、沢北と河田の驚いた表情に、「添えるだけ」の準備態勢で待つ花道。



ここから繋がるタッチまでが山王戦が感動する一番大切な流れですよね。人物の躍動感と表情が他の漫画では絶対にやらない「セリフなし」で成り立って且つこれだけ感動させてくれるのですからスラダンは凄いです。




さてそれではベストシーンになります。



ベスト6




anzai


これです。


「おい・・・見てるか矢沢・・・お前を超える逸材がここにいるのだ・・・!!それも・・・2人も同時にだ・・・矢沢」です。


河田兄が「あれだけのダッシュは並みじゃできない。誰もそんなとこ見てやしねーだろうけど・・・」の噴き出しの後の安西先生の言葉。


これ、超感動です。



試合に没頭している流川と花道にはもちろん届いていないですが、安西先生のこの頭を抱えてブルブルは自分が安西先生になったようにブルブルきたシーンです。



ベスト5



megane



眼鏡を外すと超イケメン、メガネ君のこのシーン。


これも山王戦。


フラフラのミッチーがゴリのフォローで3Pを決めた後にグータッチした後の言葉。


ゴリとミッチーの1年生の時のいがみ合いが回想で入り、ずっと2人を見てきて湘北インターハイ優勝を夢見てきたメガネ君と3人の関係があってこそ。


またそれが分かると、このメガネ君のこの言葉にジーンとします。



そしてベスト4


gori


山王戦で5点差にまで追い上げた湘北。


涙を流したゴリをコートに見送ったメガネ君の


「味方の頼もしさに一瞬心が緩んだのか・・・赤木・・・」



これっすよね。


このゴリの涙をみた湘北スタメンメンバーはちゃかしましたが、メガネ君のゴリの気持ちを察したつぶやき。



メガネ君てスラダンの超要注意人物ですよね。



机を相手にゴール下の練習をしたり、真面目でひたむきな所は本当にほれぼれします。



そしてベスト3。



陵南戦です。



haruko


ゴリとメガネ君がインターハイ出場をかけた試合でハイタッチした後ですね。



最初笑顔だった晴子ちゃんが段々と表情が崩れて涙する。


そしてこの柔道部の青田のなんとも言えない表情。


優しい暖かい顔に見えます。



晴子ちゃんと青田の合せ技でベスト3です。



ベスト2。


大好きな「炎の漢、ミッチー」のこれ。



micchiy


みんなは認めているのに後悔の念が深いために、自分を低くみてしまうミッチー。



安西先生も「既にあの頃を超えている」と言ってますが、こういうミッチーの自分を責めてしまう所も凄く好きです。



このポカリの栓をパチパチやって開かなく、涙する所は慰めてあげたくなりました。



ベスト1。


これも合せ技での1位です。



nakuna


ゴリが夢見ていた事を知っていて、最後のパスを高砂にしてしまい、負けた試合です。



花道はゴリの想いを知っているからこその痛恨のミスを猛烈に悔やんで涙。



その涙している花道の顔を見ずに「泣くな。」と言えるゴリ。



高校生じゃないですよね(笑)



真っ直ぐ前だけを見つめながらのゴリに頼もしさと強さを感じるシーン。




そして、今度は花道が嬉しくて涙するゴリを茶化さず、「さぁ整列だ」。




seiretsu




たまんなくないですか?



他にも「救世主になれるかもしれないよ。お兄ちゃん!桜木君て言うの」の晴子ちゃんの言葉を回想するゴリとか、



ルーズボールを追おうとするミッチーに



花道の「どけ!ミッチー!」の合せ技もあります。



私だけではなく、みんながそれぞれベストシーンがあるSLUM DUNK。



20数年前の漫画とは思えない、いつ読んでも感動する作品です。



流川と花道の



「のちに終生のライバルといわれる2人の出会い」の



終生のライバル光景がやはり見たいですね。



と、ここまで読んでくださりありがとうございます。


が!


みなさんの好きなシーンはそれぞれで違うと思いますが、共通している事があります。


リョータくんの名シーンって思い出しましたか?



「スピードならNo.1ガードはこの宮城リョータ!」とか



「そいつを倒して俺がトップになる」とか生意気なセリフやシーンは数あれど、感動的なエピソードがほとんど無い。



そんな方、映画のThe First SLUM DUNKを見て下さい。



たぶん、今回の映画はそんなリョータくんを思っての主役だったのではないでしょうか。



あんなにキャラが立っているにも関わらず、メガネくんよりも思い出されるエピソードがなぜか無かった。



リョータくん好きの方、おかぁさんへ手紙を書き直しした場面、泣かせてくれますよ!





今度の訪泰に飛行機の中で読むためにスラダンを持っていこうかな。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとうございます!とーいです。



日本は寒い!寒すぎる!



は、早く南の国へ脱出しなければっ!



みたいな(笑)



その前に私が日本でやらなければイケナイ事が。



12月になりましたので見る映画の選定です。



これまでもブログには書いていますが、結婚して20年以上続けている我が家の約束事。



「月に1度は夫婦で映画館で映画を見る」という約束。



途中、コロナで映画館側の都合もあり途切れたことと、私が入院して途切れたことがありましたが、それ以外はずっと続いている半恒例行動です。



家でDVDやAmazon、Netflixなどで映画を見る事もモチロンありますが、女房いわく、



「それはデートじゃないじゃん」



アッサリ切捨てられて映画館デートをいい年しながら続けています。



と言うことで何を見たかは置いておいてまず、振り返り。



今年見た映画は1月から



マトリックス レザレクションズ

Screenshot_20221206-135628_Gallery


スパイダーマン ノーウェイホーム

11166654


The BATMAN

0209_1

シン・ウルトラマン

185207646

ドクターストレンジ

1655878921837


トップガン マーベリック

61cvgwvvBvL


ドラゴンボール超スーパーヒーロー

dbs_teaser_b2


エルヴィス

sp_main_he


ジュラシックワールド

main


キングダム2

20221206_142241


ブレット・トレイン

f179dd8b02c9e861a95ee93edd1e554f_24986


ワンピース

487574


ブラックパンサー

catalog_blackpanther-wf_01_18b59c0e


The First SLAM DUNK

20221206_133430



久々に映画のパンフレットを購入してしまいました。



そう。12月になりましたので待ちに待ったこの映画をモチロン、チョイスしています。



予想されていた山王戦に主人公リョータくん。



結論言うと



「最高かっ!!」

原作には書かれていなかった過去の挿入が少し多くて、史上最高ゲームの山王戦が省略された感はありましたが、山王戦が見れたのは原作に涙した私には最高に感動でした。



原作でセリフ無しで進むゲームを動く絵で見れ、リアルな動きに感動です。



ここからネタバレですが、予告の後ろ姿の女性がおかぁさんだったり、リョータにお兄ちゃんと妹が居て沖縄から越してきたとか、ミッチーとの出会いがあんな早かったとか、バスケに打ち込む背景が見れたのは嬉しい。



そしてラストは花道と流川の最後に勝利を決めた後の



「バチっ!!」



というタッチで終わるかと思いきや。。。



てか、あのスラムダンク史上最高シーンが若干、サラッと流れたように感じたのは惜しい。



あそこは漫画のほうがひとコマで表現されていた分、感動的に見えました。



そしてラストシーンがまさかのアメリカでのリョータと沢北のマッチアップなるか?みたいな。



原作のその後が、作者自らの脚本監督で作られたのはThe 2nd、The 3rdとかでミッチーや流川編で描かれると嬉しいですね。



そしてファイナルで花道のその後が明かされたりしたら永久保存版です。



今年見た映画の感想は



スラムダンクとトップガンは最高。



寧ろ、両作品ともに何年も待ち望んでいただけに思い出補正も加わってとても楽しめました。



スパイダーマン、バットマン、ドクターストレンジは文句なし。



安心して見れるクオリティ。



ブラックパンサーは2代目ブラックパンサーが想像通りだし、ストーリーも平凡でしたが、そこそこ楽しんで見れた映画。



ブラットトレインとジュラシックワールドはあまり期待せず見ましたが、意外と入り込めて見れましたし、良く撮れたよなぁという映像でした。



エルヴィスはクィーンのボヘミアンラプソディをイメージして見るとズッコケます。



悪くはないのだけれど。



マトリックスはシリーズを義務的に見ただけみたいな。



ドラゴンボールとキングダムは面白かった。映画代の元は取れた感じ。



そしてシンウルトラマン。



庵野さんは良いのでしょうが、映像化する肝心の監督がこの「シンシリーズ」も含めて私的には見ていて拒絶反応が出るほど酷い。



この後にシン仮面ライダーが公開されますが、ようやく監督が交代みたいなので楽しみにしています。



樋口さんと仰る監督さん、見るだけの完全素人の私でも感じる酷い映像の映画にしてくれるのでシンシリーズから外れてホッとしました。



ワンピースは分かっていたけれど、映画ではなく、MVでしたね。



シャンクス登場を見たくて足を運びました。それだけです。期待も何もありませんし、感想もありません。



見たという事実だけです。



こうして振り返ってみると、完全に男の子が見るラインナップでしたね。



いい年こいた夫婦が見るようなラインナップではない気もします(笑)



でも女房もワーナーやマーベルのヒーローものはいつも楽しみにして見ていますので、女性でも楽しめる娯楽作品かと。



この後はブラックアダムと、アバターが控えています。




にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとうございます!とーいです。



いやぁ、もうすぐ訪泰なのですが全く予定が立てられていません(汗)



到着日のホテルは確保したものの、それだけ。



コンケーン彼女になんと言えば良いのか思いつかん(💧・・)



それで予定が立てられません。



前回は彼女にも甥っ子や姪っ子にも後ろめたい気持ちでパタヤに向かってしまったので、それを考えるとどうしたものやら。



予定が立てられていないと言うことはワクワク感もなく、イマイチ訪泰のテンションも上がってきません。



ですので、ネットでタイの情報を漁ることもせず、もっぱらWebやYouTubeはキャンプの話題ばかり見てしまいます。



割合としたら「キャンプ関連」が7、「クルマ関連」が2、「タイ」と「その他」がそれぞれ0.5ずつという感じでしょうか。



クルマはBMWのi4が気になって気になって。。。(^_^;)



1783601

コイツですね。



4シリーズのグランクーペがベースの電気自動車です。



セダンベースではなく、グランクーペベースというのが嬉しいじゃないですか!



今の私のクルマがGTなので、シルエットも気に入っています。



Mスポーツのエアサスをオプションで入れて。。。とか考えてしまっています。



M50はモチロン魅力的なのですが、後輪駆動のM40の方がBMWらしい走りだろうと。



あと「その他」の0.5はこれ。



Screenshot_20221127-112238_YouTube




いよいよ公開目前!



ドンピシャ世代の私にはワクワクが止まりません!



声優交代でネットではざわついていますが、私は漫画で毎週ジャンプを今か今かと発売を楽しみにしていたこともあり、



基本アニメではないので声優交代にはそれほど固執していません。



元々、若干花道の声には自分のイメージとは違っていたこともありますが。



Screenshot_20221127-112336_YouTube



この最初の予告が出た際は「えっ?!オリジナルストーリーか?!」と思い、山王戦の後を期待していました。



皆さん、ネットではリョータくんメインか?みたいな考察してましたよね。




ですが、

Screenshot_20221127-112113_YouTube


ここで出たぁ〜!我らのミッチー!



予告で長髪、顎のキズがないミッチーが出てきて



「んっ?昔の回顧?」みたいな。



そして



Screenshot_20221127-112143_YouTube

流川。頼りになるヤツ!



そして高校生で1番になって欲しい!



ブロックされているシーンは山王戦でしょ。



Screenshot_20221127-112224_YouTube


そしてそして。



もぉ、山王戦が確定の感じですよね。



花道のバッシュ問題やら、流川のシュートがブロックされる問題やら山王戦のカブりが次々と明かされている気配。



Screenshot_20221127-112312_YouTube


そして主役か?問題のリョータくん。



他のメンバーとは若干違う感じの予告。



次の予告はメガネくんがくるのか、それともゴリになるのか。。。



公開まで「あと5日」が来るのか、「あと4日」になるのかも今の楽しみです。



そして私の今の1番の興味事の「キャンプ」ですが、まずはYouTubeに自分のキャンプギア動画を一通りあげることにして、その後はマッタリとキャンプを楽しんでいる動画にしようと思っていて、ギアの動画をセッセと撮り溜めしています。



さて。



いつにも増して長い前置きでしたが(汗)



今の私のタイ興味ゲージを0.5に「引き上げて」いるのはお友達から入ってくるLINEです。



それがなければ、日々の忙しさもあり、もっと興味ゲージが下がってしまっているかもです。



出張も「まずはベトナムに行ってみようかな」と思ってしまうくらい。



そんなお友達からのLINEで今、まさに訪泰されているハイスタラブさんからパタヤのリアルタイム情報です。



25日と26日はパタヤの花火大会。




その真っ最中の様子です。



Point Blur_20221127_121843


ビーチに溢れんばかりの人。



パタヤではフェスやカウントダウン、ロイクラトンやソンクラーンの際に訪れた事がない私には未知の光景です。



Point Blur_20221127_121741


ビーチロードもこれでは歩くだけでも大変ですよね。


1669518959767


動画でも送って貰いましたが、ビーチロードのビーチ側の歩道には屋台が隙間なく店を出しており、更に歩くのが困難な感じ。



花火大会とはいえ、パタヤにこんな人が集まってきているのは喜ばしいことです。



前回仲良くなった嬢達に「行かないの?」と聞いてみましたが「お客さんが多いから見にいけない」と泣いてました。



「お前が今すぐパタヤに来て私を連れていけ!」と(笑)



その後、「いつ来るんだ?」とかのツッコミもあり、ヤブヘビでした(汗)



1669518987552

1669518987465


ハイスタラブさんはこんなサソリやらカエルやらアリやらの食べ物にもチャレンジされているようで。。(^_^;)



こうして楽しんでいる様子がアリアリなので呪っておきました(笑)



さて、そろそろ本気出してタイでの予定を決めにかからないとホテルも取れなくなってしまう。。。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

↑このページのトップヘ