とーいのつれづれ

タイを中心としたホテルや飛行機、遊びなどをつれづれに綴っています。

カテゴリ:夜遊び > バンコク

マッサージの約束を果たすべく、店へ向かおうかと思っていましたが、マイナンバーの交付に来た役所でまさかの2時間半待ちでマッサを諦めたとーいです。




役所に来た時に2時間と言われて、平日に来れないためしぶとく待っている訳ですが、既に2時間半待っています。



webで申請したのに交付は役所でやらないといけないし、受け取りも役所。



しかも平日に出来ないし。そのうち免許証と統合されるとか、保険証と一緒になるだとか言ってますが、コレってこんなに待たされるようなものなんでしょうかね。



申請自体は1ヶ月以上前にしていたんですけど。



はぁ、せっかくの日曜が潰れました。



ところで。



クルマ好きの方はご存知かと思いますが、アバルトの124スパイダーというクルマをご存知ですか?



124スパイダーは現モデルはマツダのロードスターをベースにマツダの工場で生産されているという珍しいクルマです。



ただ、ボディも若干大きくエンジンもターボをぶち込んでロードスターとは違う味付けがされています。



そのスパイダーのオークションに私は先日入札しました。


20201129_144324




今日の18時が入札締切です。



スタートが3百70万です。元が3百79万のクルマですので定価スタート。



ですが、このオークションに出品されるのが「日本で最後の1台」とのこと。



特別装備的なものはバッジのみですが、もちろんこれから出荷されるクルマですので自分好みにオプション類は選べます。






20201129_144342




これは欲しい!という事で女房にはナイショでポチッてしまいました。



自分では落札出来そうな金額だとは思ってはいるのですが、落札出来たらどぉしよう。。(^_^;)



4月にBM買ったばかりでまだ慣らし中なんですが、ついつい衝動的に。555



まぁ、お遊びクルマとして女房には目をつぶって貰うしかない。






さて、本題です。



今日は先日ブログにあげたパタヤのgogoの現地情報を貰った駐在くんからバンコクのgogo情報を貰いましたのでアップしておきます。






彼は独身でタイに居ますがタイ人彼女の拘束が凄くて、ほぼ遊びに行く事が出来ないという可哀想(?)な人なのですが、この週末は彼女が実家に行っているとかでパタヤに続いてバンコクのgogoに繰り出したとの事です。




まぁタイに長い事居れば、そうそう遊びに行くことも少なくなるのはあるあるですが。



また今はまだ会社から夜遊びは控えるようお達しも解除されていないのですが、数少ない「彼女居ないスキ」を逃すべからずみたいな勢いだそうです。




で、向かった先ですが



【ツイスターバンコク】


嬢は40人ほど。トップレスとビキニチームの入れ替わりでのステージ。



さすがに嬢も客も少ないため、センターステージだけを使っていました。



客は私以外はファラン2人だけ。シングルステージに誰も乗らない雰囲気はかなり寂しい状況です。



嬢のレベルはそんなに悪くはありませんでしたが、これだけ雰囲気が悪いと長居できません。



【レインボー4】


入店した途端に驚きです。「お笑いチームか?」という位のレベルのコが揃いも揃って10人踊っています。



直ぐにトップレスチームに代わりましたが、レベルはなかなか厳しいです。


全部で50人くらいは居ますがレインボーとしては明らかに日本人好みではないラインアップです。


とは言いつつ、私以外にも日本人が2人とファランがひとり。


でもステージのトップレスチームが入替ると客は全員帰ってしまいました。



【レインボー5】


こちらは4よりも10人以上女のコは多いです。


店内が明るいからか4よりも女のコ達のレベルが高いように思います。


でもパタヤのピンナップほどではないですね。


あの○○○ちゃんって5でしたっけ?見当たりません。



※この○○○ちゃんとは有名なレインボー4の日本人に絶大な人気だった(?)人気姉妹の○イ○さんです。「確か4じゃなかったっけ?」と返したら「気がつかなかった」と彼は言っていましたが、多分出勤していなかったと思います。



会計する時、伝票はなぜか「レインボー3」でした。との事。


ちなみにレインボー3は「ランダム」という看板が付いていたそうです。



バンコクのgogoは人気店とはいえ、パタヤより悲惨な客の状況だったようです。



現地に駐在している人は会社から夜遊び禁止も出ているでしょうし、デモの影響もあるでしょう。



本当に夜の街が壊滅してしまわないか、心配ですね。




にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 



喫煙者にとってまたまた厳しい世の中になってきますね。10月から50円、またタバコが値上げだそうです。



基本的に私は全く禁煙する気もないのですが、これをキッカケに禁煙に踏み切る方も増えるでしょう。



日本でもモチロンですが、世界的にも嫌煙が広がっているこのご時世でもたばこの販売自体はそんなに落ち込んでいないそうで驚きです。








私は毎日、駅近の喫煙所で行列してソーシャルディスタンスを確保し、並びながら喫煙所に入る順番待ちをしつつ、一服しているのですが10人入れる喫煙所を見渡すと7~8人は加熱式タバコを吸っています。



記事にも書かれていますが加熱式タバコを利用している人はデバイスの初期投資をしているからか、値上げされても禁煙しないと言っている人が私の周りにも多いですね。



タバコを吸われない方からすると「とっととやめちまぇ!!」だと思いますが、禁煙への道程は果てしなく遠い道のりです。てか、私はゴールすら設定していない状況です。。嫌煙者の方、スミマセン。



タイへの道のりも非常事態宣言の延長にたんを発した反政府集会が日本でもチラホラとニュースになっていますが、こちらもゴールは中々見えてきませんね。



反政府の声が王室批判にも広がってきているとかの報道もありますね。



確かに現国王に対しては前国王と比べて国民からの尊敬度合いや、その行動への不信感などは多いようですが、それは決して「王室」への批判という訳ではなく国王本人への「ナゼ?」という気持ちでしょう。



実際にタイ人とコミュニケーションしてみると国王本人についてはみんな口を濁すことが多いですが、王室についてはやはり尊敬の念と敬愛は変わっていないように思います。



ですので記事を鵜呑みにしてタイ人みんなが王室批判に傾いていると思い、ウカツな事は言わないように気をつけて下さいね。



国王の資質や人望については多少の意見であれば、聞き流してくれる人も居るかと思いますが、「王室」全体についてはやはり大多数のタイ人からは変わらず敬愛されていると思っておいて下さい。



てか、外国人が軽々とその国の王について批判したりしたら良い思いはされないですよ。やっぱり。



て事でお題の話に入ろうかと思うのですが、正直すんごい悩みました。



私がタイでの遊びにハマったキッカケはパタヤではなく、「バンコク」。(正確にはタニア)



「バンコク」での遊びといえば「GoGo」。



ですが、最近のバンコクのgogoへ私はめっきり足を運ぶ機会が減りました。



その為にバンコクのgogoで遊ぶ際には、かなり偏った店選びになってしまっています。



「そりゃ、違うだろ!」と思われるかもしれませんがご容赦下さい。



まず、「バンコク」の「GoGo」といえば真っ先に思い浮かぶのは



ソイカウボーイ






バンコクのgogoを紹介するときには殆どココの写真がイメージとして掲載されていますよね。



もう一つは



ナナプラザ






一時はソイカよりも圧倒的に日本人に人気で「レインボー〇の〇〇ちゃん」とか、特定の嬢がかなり話題になり、次から次へと日本人がPBするのでその姿を店で見たことがないけど名前だけは知っているという方もいらっしゃいました。


私も興味本位で横に一度だけ付いて貰ったことがありますが、なんと言うんでしょ。。人気の理由が分かりませんでした。


どちらかと言うと妹の方が私にはしっくりきました。まぁ、私が会った時には既にだいぶお顔を整えていましたので、あまりに人工的過ぎたという事もありました。



もう一つは



パッポン






パッポンはタイのgogoの発祥地だそうです。今でも「パッポン」の名前の由来になっているパッポン一族がこの辺りの土地を所有しているそうです。



その為にあの「ナイトバザール」は夜になると車両通行止めにしてお店が並ぶのだそうです。



個人の所有地であるパッポン通りは私有地なのでパッポン一族にお金を払って夜、お店を出しているとのことみたいです。



公道であれば、道を潰してあんなに大っぴらに店が出せないですものね。




この3つのGoGo-Bar3大地域を並べて見て私のBEST5を決めようと思ったのですが・・・






選んだ店がLB店ばっかりになってもーた。。。(;'∀')




だってバンコクのGoGoは今やLB店が圧倒的におもろいんですもん。



てか、バンコクGoGoの勢力図がLB強しになっているイメージ。



パッポンはLBを通り越して「ソイ トワイライト」が閉鎖された関係で、ボーイズタウンがそのまま移って入り込んで来てるし。



ということで。今現在はこういう時期ですので閉店中の店もあり、そのまま復活されない可能性もありますが、予めご了承下さい。



まずは第5位。



第5位はパッポンGlamour






ここは以前の私の「良い思い出」でのランクインです。




多分に「思い出補正」が入っております。




嬢のラインアップ次第にはなりますが、店自体は凄く好きな箱なんです。



以前、お気にが居た際は毎日通い、それこそ他には行かずに最初から最後まで居ついたこともありました。



去年覗いた際には全くダメでしたが、復活を期待して第5位とさせて貰いました。






パッポンというと、皆さんどういうイメージがありますかね?




ボッタクリ?寂れた?て感じですかね。



私も未だにパッポンの2Fにある店は「ブラックパゴダ」以外は入ったことはありませんが、入口=即階段の店はボッタの危険がまだまだあるそうですので、お気を付けて。



寂れた感じについては正直、コロナ前の2020年正月の段階でもありました。



ですが、それは「盛り上がっている店」と「そうではない店」の差が禿しいと思ってよいと思います。



パッポン自体はキングスグループ各店が完全に盛り返しており、ナナプラザやソイカよりも女の子の充実っぷりは完全に勝っている店すらあります。



そういう意味では今となってはこのGlamourは「そうでもない店」に分類されるかもしれません。



続いて第4位。



ッポンKing's corner2







敢えて「コーナー2」を選びました。



「コーナー2」は以前に記事にチラっとあげましたがLB専になってます。








いやね、ここは正直言うと1位にしたい店なのですが自制しときました。



広く好まれる店ではありませんし、人によっては全く寄り付きたくもないでしょう。



でも、LB店としてバンコクでは私はNo.1のgogoだと思います。



箱は小さめ。大きなステージありでショーもちゃんとした所です。学校のようにソファが全部ステージの方を向いてならんでおり、一般的なgogoを想像されると少しイメージとは違う感じがするかもしれません。


1番近いイメージだと新宿2丁目のショーパブかな?


ショーがやっていないと2列目以降は全部、前に座っているお客さんと嬢の後ろ姿を見ている感じ。



ナナプラザのような「完成したLB」を想像しても違うと思います。



あくまでも私の印象ですが、ナナプラザのgogoへ羽ばたく前の客慣れしていないLBが一旦gogoで働く際のお試しで入ってきたような。。。



そんなコが多いんです。ママさんは凄いドギツイですけど。555



ですので皆さんがイメージされるLBのgogo店とは違い、ゆる~い感じが私の好みに合うんですよね。




続いて第3位。



第3位

ソイカウボーイの Cockatoo


ここは良く、ナナのオブセッションと並んで名前が出てくるのですがオブより箱が小さくて小振りのお店です。


(たぶん、今でも)全員竿付きのLB店です。



オブではなく、こちらを私が選んだ理由はラインアップの幅広さです。



コーナー2もそうなのですがオブとは違い、「美人さん」「ナーラック」が程よい具合に混在しており色んな好みに対応出来るコ達が揃っている感じ。



あくまでも私の主観ですが、オブはギャルばかり集めたような「目ぇパチっ!」「くるくる巻き毛」「シリコンパイがドカーン」の右を見ても左を見ても同じ顔ばかり・・・みたいな感じではないのが良いと思っています。



オブにハマる人は「オブはみんながカワイイ」となるのでしょうが。


ここのプンプイデックとは仲良しです。555



第2位は



こちらもソイカから、アフタースクール



「After Skool」と思わずスペルが間違ってるだろ!と突っ込みしたくなる店名です。



入ったことがある方は分かると思うのですが、「ここはGoGoなの?」と一瞬考えてしまうような店です。



ステージもモチロンあるのですが、せいぜい2人しか立てない小さなステージ。



嬢も多くて10人いないような。gogoというより場末のスナックな雰囲気の店です。



はっきり言って初めてGoGo-Barへ繰り出した人が来る店ではないと思います。



が、嬢はなぜかみんな若い。


私が2位にしたのは「良いタイミングだと若くてカワイイ子と会えて、こじんまりした小さなうるさくない店でまったり出来る」gogoだから。


店構えからしても入り難い店ですが、華やかなGoGoが良ければバカラやシャークへ行かれた方が宜しいかと思います。


入ってしまえば怪しくもなんともない店ですが。



さて。最後に第1位です。



第1位はパッポンピンクパンサー






結局はパッポンを選んでしまいました。



なんでしょう。パッポンの居心地の良さというか、ガツガツしていないというか、そんな感じに加えてファランが楽しそうにしているんですよね。


客層はファランと日本人がほぼ半々。中韓はほとんどいない。


店のレイアウトにもよると思うのですが、ひとつひとつの席とステージが近くて横に着けていた嬢が踊る時間になると目の前のステージにあがり、踊りながらもずっとコチラと話をし続けられる距離感。


私のオススメはトイレに行く通路の方に嬢達が待機しながら座っている席のソバの席。1番隅っこの席です。


待機中の嬢がやたら話しかけてきて、LDも奢っていないのにいつの間にかみんなと話しが盛り上がってしまいます。



あとはママさんとデックのお客との程よい距離感とか、嬢達のレベルとか全部をひっくるめて平均点として高いんです。


突出した所はないのですが、偏差値の高い優良店。それがピンクパンサーですかね。




という事でナナプラザからのエントリーは残念ながらありませんでしたが、最近のナナプラは私的にあまりイメージが良くないんですよね。



屋根が出来て「過ごしやすい施設」になったとは思うのですが、入口の荷物チェックから始まり系列店ばかりだったり、LB店がやたら集まっていたり、日本人が多かったり。



なんかみんな同じような店に感じてしまうのがナナプラザの私の印象です。



「日本人が遊びやすい店BEST5」でしたらナナプラが独占しそうな感じですが、私の中のBESTをあげるとちょっと違うかなという。


今度、そのうちにソイカとかナナとか個別のBESTでも考えてみます。


ちな、6位以下は順位は付けませんが

パッポン
 キングスコーナー1
ナナ
 ロリポップ
 レインボー2
 オブセッション
ソイカ
 スージーウォン
でした。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




ヤッパ、夏はこうでなくっちゃ!


これで関東地方も長かった梅雨空けと言う事なんですよね?


今年は8月だというのにいつになく肌が白いとーいです。


この状態でタイへ行ったら嬢達に褒めてもらえるんだろーなぁ。


いつもタイでは「なんでとーいは日本人なのに肌を焼くの?もったいない!!」と言われます。


そんな事を言われても私はジェットスキーと釣りが好きなんですもん。


時間があれば直ぐに海へ出掛けてしまいます。


それが今年はコロナで海も自粛、タイへも行けずで全く肌が灼ける機会がありませんが、今日はこれからベランダでビール飲みながら久々の日光と戯れる事にしました。


そのお供はこの記事で書いたハンモック。





普通のハンモックと並べてみました。


BlurImage_2-8-2020-2-9-41



寝心地は普通のハンモックのほうが身体を包み込む感じで良いのですが、新しいコストコで買った方は座面というか、生地がフラットでゆったり。


ハンモック独特のゆらぎ感はありませんが、うつ伏せになったりも出来るのでこの2つを交互に使っていきます。



ところで!ブログではかなーーりご無沙汰していたコの話しです。


ちょうど2年前に記事に書いていたんですね。





スクンビットで偶然何度か見かけ、お相手して貰ったブラックビューティーのハルベリーちゃんです。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


あの時以来、会ってはいませんがタマに連絡をくれます。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


LINEでちょこちょこと投稿してくれるのですが、彼女の友達はLINEを使っているのが少ないのか、いつもイイネするのは私1人で少々恥ずかしい。。。


コロナが収まり、お互いの都合がうまく合わせられるようであればバンコクで落ち合う約束をしているのですがいつになるやらですね。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




とーいです。



さて、そろそろ皆さんもタイガールの肌が恋しくなってきていませんか?555



私はクルマで15分の所に馴染みのコが居ますのでタイ人の肌恋しい時はちちくり合って満足して帰ってきますが、フト自分のスマホ写真を見ていて思い出し、恋しくなってきたので。。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


皆さんも「相性の良い」ブンブンや、抱き心地が妙にイイとか、すんごい技を繰り出されたとかで印象に残っているコであったり、ブンブンがあるかと思います。


私も(特に熟で多いのですが)すんごいブンブンだったなぁ〜と今でも思い出すことがあります。


一番禿げしかったと今でも思うのがタイ人ではなくコロンビア人との路上のスミでお互いアソコだけ脱いで結合した時。


あまりに凄い声を上げるのでキスで口を塞いだのですが、唇を噛みちぎられて出血し、それをナメられながらも果ててしまいました。


身体の相性がよいなぁと思うのは今でもタイマッサ店のOちゃんですが、この写真のコとは思い出深いです。


何がって、入れて刺す度にシビレるんです。


私がではなく、彼女が。


見た目は目がパチっ!の鼻筋ピッ!のクメール系の美人さんなのですが、やたらと反応が凄いんです。


出会ったのはタニアすぐ近くの某お店。私がバンコク出張の際に何度か食事したお店です。


今は経営が代わってしまい、彼女とはいつの間にか連絡が取れなくなってしまいました。


LINEもずっと未読のまま。切られたのかな?


その彼女は感度が良すぎるんです。ソイ8マッサの熟も3コスリ半でイッてしまうような人ですが、彼女は入れて栗を触るとビクンビクンとシビレて膝が落ちてコチラが前後運動する前に果ててしまうんです。



ですが、入れると私の手を必ず栗に導いてくる。


お陰で私は気持ち良くなる前に向こうが何度も果ててしまい、果てると私の如意棒を外すので全然イケないんですよね。


まさに入れてはイク。そんで出される、出してはビクンビクンが収まるまで私は待機の繰り返し。


なので私が終了するまでやたらと長い時間がかかるブンブンでした。


その時は「なんだかなぁ〜」と思っていましたが、今となつてはまた会いたいなぁ〜です。



タイへ行けない今、皆さんもスマホにある写真を見ながら出会ったコ達を思い出し、ブンブンを振り返ってみて下さい。


意外とあれは良かったかも?と後になって思い返すような事があるかもですよ。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




とーいです。



今回はバンコクにある「シーロム シティ ホテル(Silom City Hotel)」の話です。







agodaでチェック


場所はこちらです。






駅の最寄りはチョンノンシーになります。


歩くと10分程度でしょうか。


パッポンまでは15分ほどですので、大した距離ではありません。


パッポンのgogo嬢に「歩き」だというとブーたれるのは間違いないですが、日本人には全く苦になる距離ではないと思います。


若干、外観は古い感じでホテルサインが一部消えていたりもしますが


20191227_181045




部屋の中はキレイです。ちなみに私はデラックス プラスで予約しています。


20191227_172357



広さも十分ですし、部屋の中で喫煙出来ます。


一応、予約時に喫煙ルームというリクエストを出しており、チェックインの際に喫煙ルームを確認した所、


「ダーイ。OK。でも窓を開けてナ」と返ってきましたが、部屋には灰皿がありません。


部屋を案内してくれたスタッフに「灰皿がないよ?」と言うと、


「OK、OK。I Know」と直ぐに灰皿を取りに行ってくれました。


このスタッフもチェックイン対応のスタッフもとても明るい笑顔で対応が良く、好印象です。


今回、約一週間の利用でしたが、スタッフは総じて感じの良いスタッフばかりで気持ちのよい宿泊となりました。



朝食は正直言うとイマイチ。


20191228_092259



朝に大切な野菜類がほとんどありません。


そのかわり(?)味噌汁が2日に1回くらい出てきました。


20191228_091437



品数も観光で泊まった人には残念な感じかもしれませんね。


でもまぁビジネスホテルと割り切ってみると充実していると言えるかなと。


ホテルの目の前にはセブンイレブンがあり、非常に便利です。


部屋の設備は大きなベッドに両側はサイドテーブル。


20191227_172503



ベッド脇にコンセントがなく、ここは私的にマイナスポイント。


小さなセイフティBoxに、TVはNHK Worldが映ります。


20191227_172451

20191227_172704


部屋に置いてあるプログラムにはNHKは「Ch.3」となっていますがCh.5で映りました。


20191227_172515



シャワールームはバスタブがあります。


20191227_172414



バスタブに貯めたお湯は無色でしたよ。555



アメニティはシャワージェルにシャンプー、液体石鹸です。ドライヤーはあります。


20191227_172423

20191227_172431


バスローブやスリッパ、歯ブラシなどはありません。


あと残念なのはWiFiの速度。


20200110_072123



1日を通して遅く、早くても下り10mbpsを上回る事はなく、上りについては2mbps以下。


仕事などでは(使うことはないとは思いますが)使えないでしょうね。


頻繁にアップロードされるような方は別の手段を考えておいたほうが良いかもしれないです。


私が良かったのは何と言っても静かさ。


バンコク滞在中はずっと体調が悪かったのであの静かなロケーションは抜群でした。


あとスタッフ。仕事の行き帰りにみんなが笑顔で挨拶してくれて気持ちが良かったです。


仕事での宿泊ではリピート候補のホテルでした。




にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ