とーいのつれづれ

タイを中心としたホテルや飛行機、遊びなどをつれづれに綴っています。

カテゴリ:夜遊び > パタヤ

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。



いつもの通りで申し訳ない(笑)



余計な前段の話が毎度長いのですが、私は洋楽大好き、寧ろ洋楽オンリーなのですが、いつもYouTubeで見ているのが「モブ」。






この大勢のモブで同じ曲を原曲通りにみんなで演奏する動画が大好きなんです。



BONJOVIやQUEENのモブも好きなのですが、何回もリピートして見てしまうのがコレ。



Europeのファイナル・カウントダウン。



何故かこの動画が大好きなんですよね。



私はギターが好きで自分も大昔、BONJOVIとNIGHT RANGERのコピーでバンドをやっていたこともあってギターに目が向いてしまうのですが、この動画はドラムが良いんです。



ドラムの息の合った映像が凄く美しくて魅入ってしまいます。



これくらい集まってどなたか一緒にモブカバーやりませんか?



日本でも80'sハードロックでモブ動画を撮ってみたいです(やってるのかな?)。なんとかせめて50人くらい集まらないかな〜。



どこかでやっているなら?是非参加したい!



80'sでなくてもリンキンとかだったらやってみたいなぁ。。





さて、いよいよ4月。皆さん、給料は上がりましたか?



私の会社では世間一般並のベアアップではありますが、そもそも日本の企業自体が世界から給与の積上げが恐ろしく置いてけぼりになっているので、いくら数%上がったからといって素直に喜べないかな。



取引先の中でも特に外資の企業さんですと私も驚くほどのお給料を貰っている方も沢山居て羨ましい限りです。



そんな4月ですが、後半からの訪泰におおよその目処がつきかけてきました。



"ついた"と言えないのでまだホテルも目星だけなのですが。



前からブログに書いていたNの実家に行く/行かないは、行かない事にはなったのですが、行かない理由が



Nの家族が田舎からパタヤに遊びに来ることになったから。



先月、彼女が実家に帰った際にお母さんとビデオコールで挨拶した時に「とーいは遠いから私がNの所に行くからパタヤで会いましょう」と。



私としてはイサーンまで行かなくて済むのはありがたいのですが、お母さんがパタヤに来るということは、それなりにNも私も行動が制限されるということ。



要はお母さんの都合に私もNも合わせざるを得ないということです。



まぁ、彼女とは長い付き合いのパタヤでの大事な友達の1人ということで将来どうするという関係でもないので、そこまで気を遣う必要もないとは思いますが、Nの所に来るというのはNとMの部屋に遊びに行くことが出来ないし、彼女達も私と一晩一緒ということも出来ないということ。




ですのでパタヤの滞在をどうしようと決めかねています。



せめて1日くらいは一緒に食事でもしないと!とは思いますが。



でGWに当てはめてみると前半パタヤ、後半バンコクになります。



既にパタヤ入りしているCさんから裏山報告があり、早くタイへ行きたい気持ちも高まっていたり。




今回はNとの関わりもありつつ、出来れば折角ですのでGWにタイにいらしてらっしゃる方と交流もしてみたいと思っています。



ただ、モブ動画もそうですが「どこかに集まりましょう」と声をかけても誰も集まってくれないと寂しいし、そうなる事は目に見えていますので私と面識のある方、LINEを知っている方は、お暇があれば連絡下さい。



なるべく時間を合わせるように致します。



タイ好きの方とタイで一緒に飲んでいるのは本当に楽しいです。



私のオススメをご案内しますので、逆にオススメがありましたら是非教えて下さい。



また、お初の方は申し訳ありませんがシャイで人見知りな私ですので今回はお許し下さい。



でも私のお友達の方の知り合いであればお初でも大歓迎です!



てことでGW、タイに居ますのでタイミングが合う方は一緒に飲みましょう。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。



思っていた以上にパタヤが楽しく過ごせていた私。



最初は(ベトナム三昧、時々タイ)くらいのつもりで日程を考えており、実際にタイは帰りの便を有効期限の関係でマイルで取っていたので、帰りの飛行機に乗るために寄るくらいの感覚でした。



それがNの一時的なゴゴ復帰のタイミングとドンピシャと重なり、またお友達各位のパタヤ訪問報告でいても立ってもみたいな気分になり。。(笑)




そんな葛藤でパタヤのホテルを探し始めたのは12月になってから。




て事で私の中ではNと会って、彼女のゴゴダンスを久々に見せて貰い、お友達各位と一度ご一緒させて貰えばパタヤはお役御免くらいの気持ちでしたが、行けば行ったで「やっぱりパタヤはエエなぁ〜」と。




て事で、当初のタイはバンコク一択のつもりでいたバンコクへ向う日となりました。



空港へ向うのではありませんので、時間はいつでもOK。



バンコクの渋滞に巻き込まれないよう、時間を考えてBoltで。




Screenshot_20240107_095214_Bolt


Boltタクシーで1500前後、エコノミーで1200か。。



タクシーじゃつまらないし、エコノミーでどんなクルマか楽しみにしてみようと選択。



時間は10時。



これならばバンコクで昼飯食べてチェックインして、マッサージして。。とちょうど良いな。



ドライバーが到着し、「高速使って良いですか?高速代込みで1200バーツで良いです」



私:「分かりました。それで良いです」




ドライバー:「それではBoltをキャンセルして下さい」



とブッキングしたBoltをキャンセル。



なかなか飛ばす運ちゃんで、早めに着きそうだな。



でも高速に向かっている気がしない。。




そしてナクルア手前のガスステーション。


20240107_114615



ガス補給なんだろうと思ったココでドライバーが衝撃の言葉。




ドライバー:「ここまでしか行く事はできません」



私:「うん??なんで?」



ドライバー:「バンコクは遠いので、私はこれ以上行けません」




私:「はぁ?何言ってんの?行先は最初から分かってるでしょう!あなたはそれで私を捕まえてブッキングされたんでしょう?しかも高速代込みでって最初から言ってたでしょ?!」




ドライバー:「その時は私もOKでしたが、急な用事が出来たのでこれからパタヤに戻らなければいけなくなりました」




私:「ざけんなよ!こんな所で降ろされたってコッチも困るわ!」




ドライバー:「それでも私は行けないので仕方ありません」



私:「あのさ、、」



とドライバーと話をするも、向こうは「行けない」の一点張り。



私:「それでは約束が違うから1バーツも払わないから」



ドライバー:「それはガソリンも使っている私が損をする!」



私:「知るかっ!」



このガススタンドでそんなやり取りを近くで見ていたタクシーのドライバー。



Boltから降りて「さぁ〜どうすんべ。。」と思っていた私に近寄ってきます。



タクシー:「あれはBoltか?」



私:「そう。Boltだよ」



タクシー:「Boltは客を何回ブッキングしたとカウントしているから途中で降ろしたりもあるよ」



私:「えっ?!そうなの?酷いね」



タクシー:「エコノミーはそんなヤツが多いから気を付けた方が良いよ。俺が乗せて行こうか?どこに行くの?」



私:「バンコク」



タクシー:「じゃあ、高速で2000で行くよ」



私:「。。。」



アホか!そっちの方はボってるやんけ。困っていることにつけ込んでる事がバレバレというか。。



とりあえず、腹が減ったのでここで腹ごしらえして、ここから再度手配。



(ちなみにココからバンコク市内のホテルまでは950バーツでした)


Screenshot_20240107_115510_Bolt



既に12時。位置的にはこんな所で降ろされたんです(汗)



でブッキングして来たのはおばちゃんドライバー。



乗ってから、やたらアチコチに「バンコクへ行かない?」と電話掛けまくっています。。。




そして明らかに同じ所をグルグル。




(また変わろうとしてんな。。ったっく!)とは思いつつ、(そう言えば前もBoltでクルマ変われとか言われたことがあったな)と。



でも料金変わる訳じゃないし、時間も気にする必要もないので知らん顔して放置。




するとようやく高速入口。




前を見ると、高速入口で停車しているタクシー。



(出た。。。乗換交渉が成立したのか。。。)



皆さん、Boltで長距離乗る時はエコノミーは避けましょう。



なんで行く先分かってて、行く気もないのにキャッチするんだか(怒)



今度はタクシーに乗換え。



車内で運ちゃんにこれ迄の経緯を話すとやはり



運ちゃん:「Boltのドライバーは良くやるよ。小遣い稼ぎでやってる奴らだから、よくトラブルもあるし」



私:「前もパタヤから途中で乗り換えさせられてさ。さっきもタクシーの人にエコノミーは気をつけろと言われたけどさ、その運ちゃんはナクルアから2000バーツとか言ってきてさ」



運ちゃん:「2000はさすがに高いね。アハハ」



パタヤ市内ではBoltは安くて手軽な移動手段ですが、長距離はこんな事もあるので気を付けた方が良いかもですね。



これが空港とか行くつもりで到着時間に制限があったりしたら。。。



怖いです。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。




続きで書いていますので、いきなりですがパタヤラスト・ナイトの話になります。




ラスト・ナイトはこのマッサージ店オーナーのハーフ顔美人ちゃんと過ごすことになりました。




実はR-ConのLBちゃんがあまりにカワイイので、その子の「4勝分はチップ無しでブンブン」に乗っかろうと思っていましたが




ハーフ顔美人ちゃんからラスト・ナイト当日の朝方にこんなLINEが届きました。



Screenshot_20240201_145159_LINE



この前の晩に②で書きましたが、お誘いがあったのですが既読スルーしてました。




それはこのハーフ顔美人ちゃん、なんでこんな1棟丸々の店をこの年齢で持てるのかなぁ?と思っていたら実はヤハリ強力なパパさんが居たのです。




この子が以前バンコクのマッサージ店に入ったばかりの"2日目"だったそう。



客として大陸の人が付き、一発で彼女を気に入り、翌日も来店し大金を手渡して店を辞めさせて帰国。



その後、パパとしてバックアップしてくれパタヤで店を。。という感じ。



細かくは私が関わるような事でもありませんので、向こうが話してくれる範囲を聞いているだけで、こちらから突っ込んでは聞きません。



ただ、この大陸パパはお年もあり、ちゃんとナニがナニで使えないとか。



そしてバックアップして貰っている事もあり、ハーフ美人ちゃんは男も自粛。




そんな所に私が登場(笑)




抑え込んでいた性欲が爆発したみたい。



客を相手にしたマッサージ歴は僅か5人ほどで店を手にしてオーナー業。



なのでマッサ下手だったという。



ある意味、めちゃくちゃラッキーガール。



そしてその5人ほどの人達は部屋に入るなり、最初っからエッチまっしぐらだったので、私が脱ぐと自分も脱いでみたいな。



ちなみに日本人は居なかったようです。



なるほど〜と、後で聞くと先日に変だなと思ったことにガッテン。




でもそれから店をオープンさせるまでの間、どれ位の期間があったのかなぁとは思っていますが。



そして店が終わったら一緒に自分の部屋に行こうと誘われていました。



で、私はそんな彼女の事情を教えて貰っていたので(パパがいるなら巻き込まれたくないし)と最後は既読スルー。



で、その後この早朝LINE。



「今晩フライトの準備のパッケージング」



が気になり聞いてみると、そのパパから呼ばれて台湾へ行くそう。




台湾で1週間パパのお供だと。




だからその前に会いたいと。



送って貰った住所に着いて「着いたよ〜」とLINEすると



Screenshot_20240201_152250_LINE




ベランダから私を撮影した写真が届きます。



「また会える」と。



さすがに大陸パパ。



結構立派なコンドの上層階を。。(汗)



周りの建物が映り込んでしまっているので隠しましたが、この小さく写っているのが私。



何階なんだ?と建物を見上げます。




こんなコンドを買い与えるパパが居るのになんかトラブったらと思うと。。




ヤハリ巻き込まれたくはないなぁ。




セキュリティもしっかりしており、外からは建物内には入れず、彼女が1階にまで下りてきて、ドアを開けてくれ、エレベーターもカードタッチが必要。



泊まっていけと言われるものの、「パパさんにバレない?」と私が言うと



「今は台湾だし、それでも心配ならスマホを見て確かめて」とパパさんが彼女に今日送ってきた写真を見せてくれました。



ムムム。。。こんなおじいちゃんだったのか。。




結局、私は朝晩の2回の放出でしたが彼女は何回なんだ?というくらい達するのが早い。



口撃でイキ、馬乗りで2度イキ、下で何回?を2セット。



朝のは私の弾倉が少ないために発射も長引いたので+αのイキ。



あ、決してイカセ自慢ではなく、彼女がめっちゃ敏感体質なだけです。



B地区を自ら引っ張りながら果てるんです(汗)



それだけに楽しいえっちではありましたが。



20240107_084416


こうしてパタヤラスト・ナイトの夜が明けてしまいました。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。



食事中にとあるマッサージ店のオーナーだというファラン寄りのハーフ顔をした美人ちゃんと知り合った私。



普段はお客の相手はしないと言われましたが、お試しという事で彼女のマッサージでまずは受けてみる事に。



半分、



(なんだかんだ言っても接客しているんだろな)



と思ってはいましたが、彼女のぎこちなさと、戸惑いながらのマッサージにどうやら普段からマッサはしていない事が伺い知れました。



仰向け施術の際、マッパの彼女にムラっとしてしまい、抱き寄せると彼女は猛烈なベロチューをしてきます。




(おっ!アレっ?!なんか凄い激しいチューだな)



と思いつつ、身体を起こして長い長い唇の舐め合い。



顔を下にしてお○ぱいもペロペロ。



お尻の方から手を廻し、秘貝を探ると良い感じに湿っています。



対面座位の状態でベロチューしながら秘貝を指で刺激。



すると、突き離すように私をベッドに寝かせて彼女が如意棒をスルっとIn。



(うっわっ!この子、顔に似合わず激しく動く。。)



入れた途端、全力でグリングリン腰を動かし、上で「OMG」連呼で直ぐに



ピクッ。。ブルブル、ガクッと果てますが、すぐにまた腰が激しく動き出して



OMG! OMG!!絶叫。。




激しく動くのでこのままイカされそうになっては勿体無いと、一旦抜いて攻守交代。



彼女を寝かせて



最後まで行くつもりなので「コンド○ムどこ?」と聞くと



「えっ?無い。。あなたは持ってないの?」



マッサ店の子であれば、その事態に備えて手近に用意してあるのが当たり前だと思っていましたが、この子はやはり普段からそんな状況になってはいないのか。。



私も持ち歩きしている訳ではないし。



ハーフ:「いいよ。そのままで」



お言葉に甘えつつ、そのまま凸。



でもやはり。。と外へ。



彼女のお腹に放出。



すると彼女は身体を起こして



ハーフ:「これが中に欲しかったよ」



とお掃除しながら、タネの素をストローで吸い上げるみたいに如意棒を吸い上げて絞り取ってくれます。



お腹にベットリ付いたタネの素も指で掬いあげてゴックン。



この子、やる事が熟女並みのエロさ。




なんでこんなにエロかったのか?は後で理由が判明します。



そして、部屋にあったハンドタオルを渡してくれ、



ハーフ:「ごめんなさい。大きいタオルを用意するの忘れてた」



と、私は如意棒、彼女はお○ぱいをハンドタオルで隠しつつドアをそっと開けて周りを確認。



ハーフ:「大丈夫。だれも居ないからシャワーに行こう」と3階へ手を繋ぎ、階段を上ります。



3階はシャワー兼トイレとマッサージ部屋がいくつか並んでおり、普段はここに案内しているんでしょうね。



シャワーの横の棚にはバスタオルがキチンと積んでありました。



2人でシャワーを浴び、彼女は私を表裏丁寧に洗ってくれ、2人はちゃんと(笑)バスタオルを巻いて2階のさっきの部屋へ。



部屋へ戻ると着替えをして



ハーフ:「LINE教えて」



とLINE交換。



20240201_130517



この写真でお分かりになるかと思うのですが、ハーフ顔美人ちゃんは150㌢もない、タイ人でも背が低めの身長。



ピストンすると底付き感を感じる身体でした。





一旦、ホテルへ戻り「さて、バービア巡りすっか!」と思っていたら



Screenshot_20240201_120225_LINE


私のシャワーしているとの返信にトキメイているようです(笑)



なんか、私を気に入ってくれた模様。




LINEでお誘いが。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。



書きなれない長編なんかを書いたものだから時系列がグチャグチャになってしまっています。



元々書いていたコメント程度の元記事を補足して文章に直しているウチにドンドン長くなってしまい。。



つう事で、他の出来事は後回しになり、記憶も薄れ(汗)



また思い出したら書き起こします。



で、表題の話。



とあるパタヤのマッサージ店での事です。



今回は連載になりますが、出来るだけ端折って短くしてあります(汗)




事の発端は、あるお店で私が夕食を食べていたことから。



出入り口近くで席を取り、なんかマトモな食事というか、久々に空調の効いている食べ物屋さんに居た時です。



ていうと「普段、どんな所でメシ食ってんの?」みたいに思われますが、パタヤではオープンテラスの店が多いじゃないですか。



暑い中で食べたくないなぁと、この時は思って。



私の直ぐ隣でハーフ顔(ファラン顔)の美人ちゃんがテイクアウトの食事が出来るのを待っていました。



(なんかこの辺りの子にしては服装もちゃんとしているし、顔立ちもカワイイ。。)



と思った私。



いつもの習性で



私:「テイクアウトするんですか?何を頼んだの?」



自分でも意識しているつもりはないのですが、つい気になる事があると誰彼構わず、話しかけてしまいます。



彼女:「はい。テイクアウトしますよ。ガイトート。あなたは何を食べているのですか?」



私:「○○。これ食べたことある?」



すみません。メニューで即バレバレなので伏せます。



彼女:「食べたことはないです。美味しいですか?」



私:「うん。美味しいよ。今度食べてみて」



彼女:「あなたはいつもココに来るの?」



私:「ここへ入ったのは何年か振り。いつも前の通りは良く歩くんだけどね」



彼女:「そうなの?私は直ぐ目の前の店なんだよ」



という事で、ハーフ顔の美人ちゃんと知り合いました。



彼女がテイクアウトして店を出る際に



彼女:「食事が終わったらちょっと寄ってみてね。私の名前は○○です。」



と言うので、食事が終わると顔を出しに。



それがこのマッサージ店でした。



店前には別の美人ちゃんが2人と、タマダー2人。



この店前に居る美人ちゃんは私の内蔵天然スカウターだと



(LBパワー比率98%だな。。)



さっきの彼女が居ないので聞いていた名前をLB(風)美人ちゃんに告げると



「奥で食事してると思うよ。呼んでくるから待ってて」



出てきたハーフ顔美人ちゃん。



ハーフ:「寄ってくれたんだ。ありがとう」



私:「マッサージ店だったんだね。でもあなたの服装がマッサージっぽくないから分からなかったよ。違う店かと思っちゃった」



ハーフ:「私はこの店のオーナーなの。マッサージしていって」



私:「オーナーなの?!だから服が違うんだ。でもみんな若くて美人だね。ちょっとLBみたいだなと思ったけど」



ハーフ:「あの子とこの子はLBで、この子とこの子は女の子だよ。どの子が良い?あと1人女の子が今食事してるよ」



私:「う〜ん。あなたがマッサージしてくれるなら入っても良いかな(笑)」



ハーフ:「私はあまりマッサージ上手くないよ。ちょっとは出来るけど、お客さんの相手はしていないから」



私:「じゃあ、また今度にしようかな」



ハーフ:「そしたら今回は私で試してみて、次からは女の子を選んでくれたら良いから」



て事なので断る理由もなくなってしまい凸。



店内は他のマッサ店同様に1Fはフット専用。



2Fに1部屋、広い施術部屋があり6畳ほどあるのにベッドはひとつ。



なんか韓国アカスリの店みたいな空間。



私:「部屋が広いね〜」と言うと



20240131_104333


ハーフ:「元々はこんな感じだったの」




スマホの写真を見せてくれました。




部屋が足りない事もあり、この広い空間の階段の前に壁とドアを仕付けてひとつマッサ部屋を増設して造ったそう。




私:「じゃあ、古式1時間で」と言うと



ハーフ:「はい。分かりました」



で私は服を脱ぎだすも、着替えはなく



私:「アレ?着替えなくてもいいの?」



と言って振り返るとハーフ顔美人ちゃんも何故か服を脱いでます(笑)



ハーフ:「はい。そのまま寝て下さいね。恥ずかしいからコッチ見ないで。。」



何故に彼女は全裸?ソイハニーか?みたいな。



私:「なんであなたも脱ぐの?(笑)」



ハーフ:「えっ??だってあなたが脱ぐから。。。」



なんでしょうか(笑)とりあえず、楽しいから放置しとこっ♪



でマッパの私の背中にマッパの彼女が乗り、古式マッサ開始。



(背中に彼女のマン貝の感触がピトっとする。。)



私の身体にタオルを掛ける訳でもなく、お互いマッパでマッサージが進みます。



今回のパタヤ2回目のマッパで古式。



ここはベッドがそれこそ韓国アカスリみたいな少し高さがあるベッド。



彼女が私の横に来て、腕のマッサをしている時にちょうど私の目線にマッパの彼女の腰とお○ぱいが見えます。。



なんかおもろいシチュエーションマッサージ。



ちょうどその時、引戸のドアがガラガラとオープン!



店の子が(なんで電気点いてるんだろう)と思ったらしく、部屋のドアを開けます。



私もですが、ドアを開けた彼女も超ビックリしたみたい。



何故かオーナーがスッポンポンで客をマッサしている光景を目撃されました(笑)



一瞬の間があり、その子は「ごめんなさい」と出ていき、ハーフ美人ちゃんはドアに施錠。



苦笑い。( ˆ꒳ˆ; )




彼女の施術は本人も言ってましたが、御世辞にも上手いとは言えないのですが、それでも一生懸命にマッサージを真面目に。



仰向けになり、彼女が私の頭の方にポジション取りをして上から下に向けて流すと顔面に生お○ぱい丸被り(笑)



もぉ、ニヤニヤが止まりません!



次に私の足の間に彼女が座り、腿をマッサする時は正座した彼女のデルタ地帯が丸見え。



如意棒立ちっぱ(笑)



時間を見ると40分くらい、ずっと彼女は真面目にマッサ。やはりオーナーだから初見の客の対応は真面目にと考えているのでしょうか。



そろそろ時間になっちゃうから。。と思い、股間の間に居て足をマッサしてくれている彼女をグッと引き寄せて抱き締めると



(普段、古式でこんな事はしませんよ!マッパの彼女についムラっとしてしまったんです(笑))




ベロベロ ブチュー



彼女が猛烈な勢いでベロチューしてきました。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

↑このページのトップヘ