とーいのつれづれ

タイを中心としたホテルや飛行機、遊びなどをつれづれに綴っています。

カテゴリ: Tips

いつもご覧いただき、ありがとーございまっす!とーいです。



パタヤの記事が続いていますが、ここで閑話休題。途中で前日談を含む長文です。



いつになったらこんな事を止めるんだ?



何か一般人には知ることすら無い、密室での握りでもあるのか?と思ってしまう日本への帰国時PCR検査。



政府は見直しの検討を進めるようですが。



なんか腑に落ちない部分がありますが、今はまだ仕方ない。飛行機に乗せてくれなければいかんともし難い。



という事で帰国の72時間前までに受けて陰性のエビデンスを取っておかないと。



向かったのはバンコクのメドコンサルトクリニック。






↑こちらです。




1660903890327


1番肝心な「陰性/陽性」欄を見事に白紙状態でくれるところ。




ココをチョイスしたのは白紙の結果証明書が手に入ると聞いており、またバンコクだという安心感もあったから。



これが会計をして検査を行う「前」に手渡されるという不思議。



事前に記入してあるのは医師のサインと病院のスタンプだけ。





万が一、陽性となった場合は10日隔離プラス陰性結果が出るまでをタイで過ごさなくてはならないため、パタヤでは不安。




バンコクであれば仕事面でサポートしてくれる人も居るが、パタヤだと仕事で絡んでくる人もおらず、また仕事でコミニケーションを取る際も「なんでパタヤに居るの?」と何かと不都合も予想されます。




事前に




テープさんに「白紙で貰って誤魔化しても病院に電話され、チェックされてしまいますよ」と教えていただいていた。



バンコクに居る駐在君に「チェックされるらしいね。誰かチェックされた身近な人居る?」と聞いてみると



「あぁ、アソコは日本人に有名ですからね。そんな事をチラホラ聞いたこともありますよ」と不安に追い打ちを掛けてくれました。




でも「3回ワクチン打ってるし、多分症状が無かっただけで既に自分もコロナにかかっていたハズだから抗体が出来ていて大丈夫だろう」という自信というよりも自らに言い聞かせていたフシがありました。



でもそれでも陽性になってしまったらシャレにならん。。。




そして鼻グリグリ対策のコレと





喉グリグリ対策のコレを準備した訳です。





ヴィックスドロップは指定医薬部外品ではないモノがコンビニとかでも売っていますので注意です。



そして検査の予約。



予約はコチラのサイトから行います。





ホームページからは


Screenshot_20220822-104428_Chrome


BOOK COVIT-19 TESTを選択。



Screenshot_20220822-104512_Chrome


1500バーツのコチラを選択。


すると日にちと時間が選べますので任意で選択します。



Screenshot_20220818-095729_Chrome


次に自分の情報を入力します。



Screenshot_20220822-105020_Chrome


パスポート記載の形式で名前、メールアドレス、電話番号、生年月日、年齢、性別、パスポート番号と国籍を入れてComfirm Bookinを押して予約完了。



国籍は単純にJAPANで大丈夫です。



電話番号は私はSIM交換済なのでタイの番号をいれましたが、日本の番号も入力可能です。



病院から確認の電話もかかってきませんので気にせず日本のスマホの番号でOK。




最後にこの画面になればOKです。



Screenshot_20220818-095635_Chrome



そして検査当日。



前日は熟女ママさんと濃厚接触、LBバービアで複数人と濃厚接触。



LBには「明日朝、PCR検査だから!」と言うと



LB「私が消毒してあげるから大丈夫」



とお酒を口に流し込み、クチュクチュやった後にベロチューベロベロをされ、



「あかんねんてっ!!」と言うも、今度は



「鼻も検査するからコッチも消毒」と今度は私の鼻の中に舌を入れてペロン。



もうダメだ。。。(T_T)



やっちまった。。。



「分かった!!でも1番消毒が必要な所は口でも鼻でもない。ドコか分かる?」と言うと、




嬢2人とママさんが壁際の席へ私を引っ張ります。



この場所は席の真上に監視カメラが設置されていて、カメラから死角になる場所。



「ココならボスに見つからない」とLB達のエロ爆発·炸裂·大噴火。



目の前に3本の如意棒がニョロっと(汗)



イヤ、それじゃなくて。。。(・・;)



3人に取り囲まれ、ズボンを下ろされ彼女達はシコシコ始めちゃいます。



私の如意棒にペロンペロンべローン。



お尻を突出すような格好をさせられ、黄門様もペロンペロン。



ヲイっ!!!まさか入れようとしてないか?!



3人に「口」と「前」と「後ろ」を同時ペロンされてしまい、明日の検査は完全終了。終わった。。



これで検査の時「私は鼻とか口ではなく、お尻をグリグリした方が正しい結果が出ると思います」



と言えなくなってしまった。。(T_T)



これで日本が遠のいてしまいました。



最後はLB2人がお互いに向けて放出。



何なん?!めちゃくちゃじゃん、この店。。



人様の放出を目の前で、それも2発同時発射を見てしまった。。。(・・;)



まぁ、楽しかったですけど(笑)



その後、この席の周りは「イカ臭」が漂っていました。



この店の話しはまた後日。



そして検査当日。


20220819_095250


トンロー駅のE5出口を出てソイ49を目指して下さい。



ソイ49からはBolt。29バーツなり。



20220819_100452


目の前を軽トラを改造したソンテウというか、トゥクトゥクというか、が走っています。



バンコクではこの改造軽トラを良く見かけるようになりました。



途中、左手にフジスーパー、


Point Blur_20220822_112245


そしてその先へ行くと


20220819_102625


でっかいサミティヴェート病院があります。


20220819_100642


そしてメドコンサルトが入っているビル。



Mの看板が目印です。



入口は青いところ。



20220819_100830


ビルへ入るとこの光景です。



すぐ脇にある階段で3階へ。



20220819_100857


凄い人。日本人だけではなく、韓国人やファランも。


この景色が目に入りますが、入ってすぐにカウンターがあり、予約すると届くメールを



Point Blur_20220822_204718



見せると必要な書類を手渡され、2番のカウンターへ向かうよう促されます。


もし、事前に予約をしていない場合は1番のカウンターでパスポートを見せながら個人情報を聞かれつつ、対応してくれます。



2番カウンターで私はJCBカードで支払い。



すぐに検査室へ入るよう言われます。



検査室では2人の看護師が居て、イスに座らされ鼻グリグリ。



「口を開けて」と言われ口を開けるとまだ舐めていたヴィックスドロップを見つけられてしまいます。



看護師「アメ??出して。」



私「ヴィックスドロップ。口の殺菌で舐めてる」



看護師「オーケー。分かった。本当はダメだけど仕方ない」



で、ヴィックスドロップを舐めながら口の中を拭われました。



看護師「OK。セットレオ。フィニッシュ」



ものの2分で検査終了です。



明日メールで結果が届くからと言われて病院を後にします。



帰路、前日のLB達との濃厚接触を猛烈に反省しながらホテルへ向かいます。



途中、馴染みになったマッサージ店の熟女が「とーい、なんか疲れてる顔」と言われつつも気分は相手をする気になれず、軽く手を振って素通り。



そしてホテルへ着き、シャワーを浴びて全てを吹っ切った私は翌日からの隔離を覚悟し、夜の街へ繰り出して行こうとした瞬間。



どしゃ降りがきました。



ちょうどかつをさんとLINEしていた時。



「日頃の行いですね(笑)」と言われつつ、バンコクでは連日、夜外出時のちょうどよい時になるとどしゃ降りが続くことになります。



開店直後のタイミングが私は好きなのに、この毎日の雨で少し出遅れることに。




そして手持ちの現金を気にしながらソイ7バービアへ。隔離になったらどうしても現金が必要になるハズと。



そしてソイ7からソイカへ。



ソイカで新しいお気にと出会い、翌日からのケアをお願い(笑)。



毎日、店が終わったらホテルへ来てくれる約束をして指切りげんまんの写真をママさんが撮ってくれ、私とお気ににLINEしてくれます。



これで夜は寂しくないな。と。



ホテルへ帰ってみるとメールが届いていました。



ドキドキ。。。



Point Blur_20220822_115036



ジャ〜ン!!ラッキー!!ワォ!



Not detected



反応ナシ!



ちな、メールで届くこちらの書類は日本の所定書式ではなく、白紙でくれた方が所定書式です。




無事にMy SOSアプリを青画面にする事が出来ました。


Screenshot_20220820-142127_MySOS




ガッツポーズに力が入り過ぎて筋を違えたことはナイショです。



鼻うがいとヴィックスドロップでの殺菌が効いたのか?



それとも適当な検査だから引っ掛からなかったのか?



この前にジェイさんも同じ病院で検査され、陰性でしたので、検査が適当という方が正解なのかも(笑)



もしくはLB達のアルコール消毒のお陰なのか。。



いずれにしてもこれらが陰性を確保するようなモノでは無いのはご了承下さい。




Yさんからはデリバリーで検査をしてくれる所を教えていただき、メドコンサルトで陽性が出てしまったらそちらのデリバリーで再度検査するつもりでした。



なにやら検査キットが届き、「自分で」検査してそれを送って判定なのだとか。



陰性が確実な人に頼んで検査が出来そうだとか出来なさそうだとか。。。グレーな領域です。



またタイ出国の際、My SOSアプリの青い画面を航空会社の窓口で提示するだけで陰性証明書の紙の提示を要求される事もありませんでしたし、羽田に着いた時も出すのはパスポートとMy SOSアプリの青画面だけ。



フト、思ってしまったのですが青い画面、ネットに出回っている画像を保存すれば良いのでは?とかも思ってしまいました。



夏休みの多くの海外旅行で、確認仕切れなくなり手順が簡略化されたのかもしれませんね。



また旅行者が少なくなれば、紙の提示や電話での確認が始まるかも。




なんか穴だらけの水際対策に人や金ばかり費やしているような気がします。



いつとは申し上げられませんが、私は既に次の航空券の手配も済んでいます。



その時にはこんな心配や面倒な手順を踏まずに訪泰が出来るようになっていて欲しいものです。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございまっす!とーいです。




やっとこ荷造りが終わりました。




遊びオンリーだし、お土産ないしと機内持ち込みサイズのスーツケースひとつで身軽な旅と決め込んでいたのですが、実際にパッキングしてみると結構な量になってしまいました(・_・;)




いつも禿げしく邪魔なスーツに革靴に仕事カバンが無いのですが、代わりに遊びオンリーなだけに普段着るTシャツなんかの枚数が増えてしまうので悩みました。



遊び着は例えばパタヤに7日滞在するのであれば



「滞在日数」+ 2枚 = 9枚(着)



としています。



私のパタヤ泊は常にオール遊びですのでこんな感じで考えていました。



遊びですと、とにかく歩き回るのが常なので1日に3回は着替えるので「+2枚」なんです。



ですので余裕をみて2日分の6枚になった時点で洗濯に出してローテーションで回す感じ。



それだけの遊び着のバッファを持っていれば、バンコクやイサーンで仕事終わりに着替えても遊び用は足ります。



でも今回はこの方程式だと20枚とかになってしまいます。。。(滝汗)



ですが、今回はオール遊びでもパタヤは今の所一泊予定(笑)



ほぼイサーン。つか全日程コンケーン(のハズ。"今は"としてます)。



イサーンに居る間は毎日洗濯してくれる(期待)ので、とりあえず1週間は毎日違うモノを着れるようにしとけばなんとかなるかなと服や下着は1週間分に抑えておきます。



前に彼女の家に泊まっていた時に近所のおばちゃんに



「あなたはロー(カッコよい)だし、オシャレな服を毎日着ている」とか言われてしまい苦笑い。



コンケーンのナイトマーケットで買ったパチモノのBullsのユニフォームTシャツだったんですけとね。



せめて毎日、着替えないとっ!(笑)



ただ今回、革靴は不要ですが行き帰りは日本の交通機関を使いますのでサンダルはなんとなくイヤ。



スニーカーを履きますので、タイで歩き回る為のサンダルは荷物に入れないと。



あとはいつもの海外への必須の持ち物。



まず


20220724_151406


コイツは絶対に必要です。



機内の乾燥に弱い私はコレ無しだと現地に着いたらボロボロになってしまいます。



喉の痛みと鼻水ダラダラ。



機内の寒さと乾燥でコレをしないとこの症状が必ず発症します。



数時間経てば収まるのですが、今は飛行機から降りてこの症状が出たら要らぬ疑いを周囲にかけてしまいます。



いつも以上に必要です。



次にコレ。Dr.ショールのフライトソックス。



20220801_114740



5時間、6時間飛行機に乗る場合はこれも必要。



エコノミー症候群。気をつけて下さいね。2〜3時間でも「突然」エコノミー症候群になってしまう人もいるそうです。



私はバンコク⇄イサーンの1時間でもコレを履きます。



あとコレ。



20220801_114620


無印良品で買ったモノですが、ネックピロー。



白いのが中身で黒い部分がカバーと収納袋です。



空気で膨らませるタイプですが、白いヤツの右上に丸い形が見えると思います。



これがポンプでシュポシュポと押すと膨らみます。



自分で膨らませる事もモチロン出来ますが、このポンプはなかなかのスグレモノで便利です。



これとアクティブノイズキャンセリングのイヤホンがあれば機内での熟睡は万全です。



あとコレとペアで使うのがコレ。



20220801_114840


腰に充てたり、腿の下に置いたりして使う空気式のピローです。



本来は枕ですが、腰当てに私は使います。



あとはこんなモノも。



20220801_115025


VICTORINOXの爪切りです。



大きさと厚み、ライターと比較すると分かりますかね?



3日に一度は爪を切りたい私は絶対に爪切りが必要なのですが、旅行に持って行くのはコイツです。



とにかく小さくても良く切れます。



展開してトランスフォームするとヤスリも飛び出てきます。



現地についたらコレが活躍します。



20220801_115254


左の青い扇子。



普通の扇子の半分近い大きさで、パンツのポケットに入れておきます。




IMG_20220801_124605


右のいつも通勤で使っている小型の電動扇風機を持っていこうかとも思いましたが、扇子の携帯性を優先します。



最後の必須な持ち物はコレ。



20220801_114943


特にバンコクでは絶対です。携帯式の吸い殻入れ。



歩きタバコはしませんが、どうしても何処か外でタバコを吸う時には必ず必要です。



禁煙区域ではコレを使ったとしてもダメですが、タバコが吸える場所でも吸い殻をポイ捨ては絶対にしたらダメです。



万が一ポイ捨てをお巡りさんに見つかりでもしたら。。。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



て事で私はバンコクではコレを持ち歩いています。



大したモノはありませんが、私の海外の必須小物達でした。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとうございまっす!とーいです。



さて、皆さんもそうだと思いますが私も自分のブログ記事の「行きます、行きます」は飽きてきました。



飽きたというより「行きます行きます詐欺」のような感じやな。。みたいな(^_^;)



ですので、暫くタイから帰ってくるまで当分また記事を書くことはないと思っていたのですが



Yさんや






かつをさんとLINEしていたらブログの記事が書けそうですので(笑)



以前、記事に書いたことがあるような?無いような?コレ。




1658665285297


タイで280バーツで売っているコレ。





パッケージは違いますがアマゾンでは3,800円ナリ。



クラチャイダムのサプリです。



一体何倍で売ってるの?みたいな値段です。



「なんのサプリ?」と思われた方、是非アマゾンのレビューを読んでみて下さい。



ソレです(笑)



タイが原産のようですね。



こんな記事もありました。







私はタイで自分用のお土産で買って帰ってきます。



普通に薬局だったり、健康食品だったり、サプリ売場で売っていますよ。



確か、写真のモノはパタヤのセンタンで買った記憶があります。




あ、タイはサプリも安いのでサプリを普段使っているならタイで買うのもアリですよ。



私は一年を通して毎日サプリを大量摂取しています。



シトルリン、亜鉛、ビール酵母、鉄にビタミン各種にEPA。



冬から春にかけては甜茶サプリも加わります。



どれも即効性がある訳ではないのですが、飲み続けているとジミに基本性能を上げてくれている(ハズ)ので欠かせません。



我が家では女房が肉が苦手で、後はお袋と私だけなので晩ご飯は基本的に毎日魚料理と野菜。



私用に肉を用意してくれますが、別に肉を好き好んで食べるというほどでもありませんので、肉から採れる精力的なエネルギーは非常に少ないのですがサプリでソッチは補完出来ているんだろうなぁと思っています。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

感染拡大中の東京へ自宅待機から復帰し、山手線に揺られビクビクのとーいです。



この時期に感染したらシャレにならん(汗)




ゆうべ、コンケーンの友達に




「まだハッキリした訳じゃないけど、仕事が忙しくなりそうなのであまりコンケーンでゆっくり出来ないかもしれないよ」




「あなたが仕事があることは私は理解しているわ。久しぶりに会えることが楽しみだけど気にしなくてもよいからね」




とのあたたか〜いお言葉を頂戴することに成功しました。



あとは自分が後ろ髪をひかれる想いをいかに振り切ってコンケーンを旅立つか。



その後はコンケーン空港に送ってくれた彼女にいかにバレないようにチャイヤプーム行きのバスに乗るか。



バス停は空港から少し離れた場所にあるので空港からはタクシーに乗る必要があるんです。



空港まで送ってくれた彼女、当然搭乗ゲートに入るまで見送ってくれるつもりでしょう。



甥っ子、姪っ子もやはり彼女に着いてきて見送ってくれるのがいつものコンケーンからのパターン。



そうなるとエアチケットを購入し、ゲートをくぐらなければならない。。。



ですのでバスに乗るのは危険。エアチケットをチェンマイ行きを購入して、先にチェンマイへ行くか。



そうなんです。



ここへ来て、チャイヤプームやチェンマイにいるお友達嬢へアクセスしてこようかなどの思惑がよぎっています。



せっかくオールフリーの身だしとか(笑)



なんだろう?



「スキあらば」の姿勢に我ながら鬼の一面を感じます。(^_^;)




しかし。。。



ひでさんから



「とーいさん、パタヤゴーゴーのマップとソイ6のマップをそろそろ更新しないといけないんじゃないですか?」



とプレッシャーをかけられました。




86f362b8

d98357d3


こいつらです。



自分でもすっかり忘れていましたが、こんなん作っていたんですね^^;



2019年か。。。



確かに、だいぶ塗り替わっているでしょうね。



この地図、著作権放棄しますのでどなたか更新して下さい(笑)



つか、これの書換えをミッションとすべくパタヤへ向かわざるを得ないのか?オレ。。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

前の記事で訪泰の準備完了をお伝えした、とーいです。



今回の記事は(横道に逸れずに)その準備内容を書いてみようと思います。




まずは持ち物から。





遥か昔にブログに書いた記憶があるのですが、私は海外へ行く際にスーツケースを使い分けしています。



ひとつは欧州や北米用にソフトタイプのスーツケース。



それ以外の地域はハードタイプのスーツケースです。



郷に入れば郷に従えではないですが、欧州や北米の空港で見るのは圧倒的にソフトタイプですよね。



はじめは「なんでみんなソフトなの?」と思っていましたが逆に現地の友人からは「なんであなたはハードケースなの?重たいし、壊れるでしょ?」と言われました。



ここで「イヤイヤ、壊れるのはソフトの方だろ」



と思ったアナタ。



私と同じ思考です(笑)



友人曰く、「スーツケースは飛行機の積み下ろしの時に投げられるんだよ。投げられて硬いハードケース同士がぶつかると割れるだろ?だから直ぐに割れて使い物にならなくなる」



えっ?と思いませんか?



当時の私の思考は「ソフトだと投げられて”中のモノ”が壊れるだろ」でした。



友人は「壊れ易いものはそもそもスーツケースには入れない。ちゃんと梱包して預けるでしょ。スーツケースは梱包材ではないよ」と。



なるほど。。。なんですよね。



言われてみれば欧米の空港でバゲッジ受取りで流れてくるモノはFRAGILEのシールが貼られたダンボールが多い。



Screenshot_20220715-145634


割れ物はちゃんと別に梱包する訳です。



この注意がないスーツケースはぶん投げてもよいものなんだという事らしぃ(たぶん)。



もしくは手荷物。



という事で欧米への旅行はソフトタイプのスーツケースを使うようになりました。軽いですし。



PCなんかは手荷物で持ちますしね。



ではなんでそれ以外ではハードなの?という所ですが



ひとつは(特にアジア)



・圧倒的にみんなハードタイプを利用している。



次に



・セキュリティに不安がある。



のでハードタイプなんです。



みんな使っているから目立たないのが良いですね。



また「目立たない」のと同時に「セキュリティ」もアジアではまだまだ不安があります。



リモアのおニューなんか持って、アクセサリー付けまくったまま歩いてなんかいると東南アジアのある国ではイッパツで目を付けられて後を追われる。。。なんて事も未だに聞きます。



またソフトだと空港職員が目を付けたスーツケースを



ズバッ!とナイフを入れて中身を物色。。。



みたいなケースも聞きます。



ですのでまだまだ特に東南アジアではハードタイプのスーツケースを使うようにしています。







ハードの場合はこのグリフィンランドを使っています。



93リッターで重さは3.15キロ。ソフト並みの軽さなので中に入れるスーツやら革靴や紙の書類が多くても負担が少ないです。



あまりに軽くて強度が心配という方もいらっしゃるかと思いますが、ここ数年のタイへの渡航で何も問題なく使えています。



逆に「少し固めのペットボトル」のような柔軟性があるので、ぶつけられてもパコっ!となるくらい。



実際に数年使い続けていますが、素材のおかげもあり、キズはほとんどありません。



こんなキズが目立ちにくい素材です。



バゲッジタグ、いつも思ってはいるのですがいい加減に剥がさないと。。。(^_^;)



20220715_141345




皆様も剥がさないとロストバゲッジの危険性もありますので注意ですよ。



私は貼られたばかりは粘着力が強くてキレイに剥がれない(と言い訳)ため、粘着力が落ちてきてから剥がしていますが。(シールが黄色くなってるやん!いつまで待ってるんだ?!)



でも今回の訪問はこれ↓の前(?)モデルのコイツだけです。








20220715_142327


国内出張用に買い換えしたフロントオープンタイプで横型。34リッターだったような気がします。



これだとPCと電源、タブレット、着替のYシャツに下着に身の周り品を一式詰めて2〜3泊くらいは出来ます。



でもまだ1回しか使っていないのにコロナで出張禁止になり家でホコリを被っていましたが、今回まさかの海外への持出しとなりました。



横型ってなにげに使いやすいんですよね。カバンを重ねて持ち歩きが出来るし。



で、持ち物はこれに入る分のTシャツやらシャツの着替、洗面道具はドルツの歯ブラシに小型の髭剃りのみ。


20220715_151833


このキャサリンハムネットのシェーバーは良いですよ。Type-Cでの充電式で3000円くらいです。




あとはTevaのサンダルとAvirexのショートパンツ。



それと!!



1番懸念している「帰国時PCR検査で陽性」になった時の対策として。



PCとWiFiルーター。現地でリモートワーク出来るように。



docomoでは7月15日から5Gの国際ローミングが無料で出来るようですが、5Gのローミングがタイでどれだけ快適なのか不明なのでとりあえずモバイルルーターは持っていきます。




Teamsで回線状態が悪くて突っ込まれて「陽性反応が出てタイで隔離生活中です」なんて言いたくないので(^_^;)



もしも隔離生活を過ごすことになっても私の訪泰を知らせていない人にはバレたくないですしね。



こんな感じの持ち物でした。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

↑このページのトップヘ