とーいのつれづれ

タイを中心としたホテルや飛行機、遊びなどをつれづれに綴っています。

カテゴリ: 宿泊(ホテル)

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。



日本に居るのに。。みたいな記事でスミマセン。



今回のパタヤではホテルを滞在中にチェンジしました。



1軒目のホテルは前回のブログに上げたGLOW Pattaya。



ここは場所さえ気にしなければ非常に良いホテルだと思いました。



あ、あとインド人の宿泊者。



彼等は食事のお行儀は気になりましたが、どこぞの国の団体さんのように食べ切れもしないのにとりあえず食べ物を次から次にゴッソリと持っていくなんかはありませんので、気にならない方は大丈夫だと思います。



移った先のホテルもホテルそのものはとても気に入る所で、レビューを後日アップしますのでお楽しみに。



(大した動画や記事ではなく恐縮ですが^_^;)



さて、実はようやくゲット出来たモノが届きました。



発表直後からYouTuberやら、レビュー記事が物凄くて入手困難になってしまい、毎日のようにAmazonや楽天をチェックしておりまして、入手に苦労しました。



20240528_103853



Nothig ear(a)のイエロー。



ワイヤレスイヤフォンです。



Nothig earはデザインがとても好きで前モデルも欲しかったのですが、中身は少し褒められるような商品ではなく、今回のモデルチェンジで中身がアップデートされ、機能も強化。



音そのものは値段相応、もしくは他社より若干上程度ですが、アクティブノイズキャンセルの部分が大幅進化。



電車でノイキャンだけかけながら爆睡する私に最も重要な要素が強化され、且つNothig のカッコイイデザインなので発表から目を付けていました。



写真だけ見るとイエローがキツそうに見えますが、耳に装着すると周辺から黄色が少し覗く程度でスーツ姿でもそんなに浮くようなこともありませんので、人気色をチョイス。



満足です。




さて、ブログでは先行して移動先ホテルから向かった夜遊びの記事は既に書いていますが、ホテルだけレビュー記事の前に紹介しておきますね。





このホテルは友達とはLINEで何度か話題にしていたホテルでして、1度はちゃんと自分で宿泊してレビュー記事を書かなくてはと思っていましたが、場所が場所で(汗)



ソイ6に殆ど向かうことのない私ですので、「泊まってみたいけど。。」とは思いつつ、ズルズルと引っ張っていましたが、今回のGLOW Pattayaが遠いので、遠いついでだ!とばかりに予約してみました。



泊まってみて分かるマイナスポイントがありましたので、次回のホテルレビューにて報告します。



20240501_124948

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。



ブログでパタヤのホテルを紹介して今回は18軒目になりました。



今回のホテルはGLOW Pattayaになります。



20240427_175609


agodaでチェック



場所はコチラ。



YouTubeに詳細動画をあげています。






場所は位置を見ていただくとお解りの通り、かなり私のメインの遊び場であるTree Townからも遠く、また3rdロード沿いということもあり、ソンテウの便も悪いです。



サムネイル24ー1



正直、パタヤの夜遊びには不便。



各種サイトでのホテルレビューにはソンテウやバイタクで不便しないとかの書込みもありますが、私から言わせて貰うと逆にバイタクがないと不便しかない場所です。




近くにはコンビニもなく、1番近いコンビニはセントラルパタヤロードにあるセブンで、「ちょい買出し」てな感覚にはならず「何かついでがないと行きたくない」ような距離でした。




なんでそんなホテルにしたかと言えば、くどくなりますが看護師ちゃんの部屋へ行くため。




彼女のお母さんがわざわざパタヤにまで出てきてくれるので、いつでも直ぐにそこに向かい、不義理をしないことを考えてチョイス。



でも今考えるとそれこそバイタク使って彼女の所へ向っても良かった。



「ブッカオ中心部に泊まって"あんな繁華街に泊まる遊び人"と思われるかな?」と深読みし過ぎました(笑)



で、ホテル紹介。



まず言っておきます。



「インド人だらけのホテル」です。




これはフロントスタッフも「このホテルはインド人が多い」と言っていましたので、私の宿泊のタイミングだけではないようです。





朝食時はこんな感じ。



20240428_082806


マジで写っている人、全員インドの方。



チェックアウトの際にファランカップルがチェックインしていましたが。



WS奥のインド人街というか、インド向け店舗がセントラルパタヤロードの南には集っているので、こうなってくるのでしょう。




それを気にされなくて、移動はバイタクなどの足があれば問題ないという方にはコスパ良く泊まれるホテルですのでオススメ出来ますよ。



レンタルバイクの方もホテル内の屋根がある駐車場に留めておけます。



部屋だけみるとかなり良い部屋です。



今回は看護師ちゃんと同居している仲良しゴーゴー嬢が



「看護師のお母さんが部屋に来るから彼女とお母さんだけにしてあげたい時もあるかもしれないから、その時はとーいの部屋に私を泊めてね」



と言われたこともあり、ベッドはダブルではなく、ツインをあえて選択。



20240427_040919



モチロン、ダブルでも問題ないのですが、連泊でもされるとヤハリ別にしておいた方がお互いの生活リズムが違うのでストレスがないかもと。



結局、彼女がホテルへ来ることは無かったですけど。



あとは極狭ながらもバルコニーもあるし、備付の灰皿もあるので私的に合格点。



20240427_112247



そして場所的に超〜静か。



そしてアメニティや設備もちゃんとしています。


20240427_041104

20240427_040905


で、特別に良かったのがタオル。



20240427_040857


フワッフワでめっちゃ気持ちの良いタオル。



これは特筆すべきくらい、気持ちの良いタオルでした。



柔軟剤は何使っているのか聞き忘れた(汗)



20240427_113731


エレベーターも凄くスタイリッシュ!



てか、エレベーターはバンコクのホテルで驚きのエレベーターを体験しましたので後日レビューしますね。



20240428_085729


屋上プールも広いし景色も良いし、これもオススメ出来るポイントのひとつ。



朝食も良かったですよ。




ホテルそのものはコスパも部屋も食事も良いですが、場所ですね。



あと、他の宿泊者がインド人ということが気にならなければ。



彼等は某国からの団体客のような傍若無人のような振る舞いはありませんが、気になる人には気になるかも。



私は朝食会場で「立ち食い」が気になって仕方ありませんでした。



朝食はブッフェですが、皿に取る前にそのまま手に取って「立ち食い」する人の多いこと。



皿に取る前に立ったまま、味見してから皿に移すのはお行儀悪くて気分悪かったです。



総じてホテル自体は良かったという感想です。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。



今回のホテルレビュー、バンコク編の第16弾目になります。ブログを書き始めてから数えてバンコクのホテル紹介は16回目。



なんだかんだ言って結構な数のホテルに泊まってんだなぁと。



宿泊したのは【Boss Suites Nana】です。



agodaでチェック








またいつものようにYouTubeへも動画でアップしていますので良かったらご覧下さい。







こちらは前回のバンコクで宿泊したAlt Hotelと50mほどの距離にあります。



地図


場所はココ。NANAからは結構な距離がありますが、前回に引き続きこんな場所のホテルを選択したのは理由があります。



理由は



「途中の道のりが楽しいから」(笑)



ナナ・プラザ方面からホテルまでの道のりはバービアあり、マッサージあり、屋台あり、立ちんぼさんありで道のりが楽しいんです。



途中のマッサージ店は限りなくグレー色で、深夜遅くまでなぜかオープンしているし、昼間はマッサージの呼び込みをしていた女性が深夜になると「一緒にホテルへ行くよ」と声を掛けてきたり。



帰り道の距離が全然苦にならないというか、楽しいんです。



前回のAlt Hotelの時、それで「悪くない場所だな」と思いチョイスしたホテルです。



まず、総括してポイントを先に並べてみます。


① 喫煙者には優しくない
② 遠い
③ 朝食が貧相
④ スタッフが抜群にフレンドリー
⑤ ネット対応TVが繋がらない(笑)
⑥ プールが寒い


それでは順番にその理由をホテル紹介と並行してご案内します。


① 喫煙者には優しくない


これは窓が開かない、バルコニーがないので部屋での喫煙ができないためです。


20240107_151407


前回のAlt Hotelとは違い、窓が大きく明るいのは良いのですが



20240107_151356


窓がロックされており、開きません。


また空調が埋め込み式なのでなんか、掃除などのメンテナンス性も悪い気がして空気を入れ替えたいのですが不可。



20240107_151152


② 遠い


これは場所をご覧いただくと理解できると思います。


これに関してはすぐ近所のAlt Hotelがトゥクトゥクを用意していてくれたのが有難いかもですね。


③ 朝食が貧相



boss-suites-nana-hotel_170664368445


ホテルの紹介画像にはこちらが掲載されており、朝は生野菜を食べたい私はこれだけあれば充分満足と思っていたのですが、




20240108_094554


実際には出てきたのがコレ。卵料理はオムレツとか、目玉焼きとか選べるのですがワンプレートでフルーツ若干とその卵だけ。



あとはシリアルとパンとコーヒーのみ。生野菜なんてありませんでした。



かと言って近くにおいしい朝食を提供している所はありませんでした。



④ スタッフが抜群にフレンドリー


これは最高でした。


スタッフの一人に可愛いお姉ちゃんがいて毎朝、この朝食会場で給仕をしてくれていたのですが食事中の話し相手もしてくれていました。


一緒に食事会場にはもうひとり、おじちゃんが仕切っているのですがこのおじちゃんも加わって毎朝3人でおしゃべりしながらの朝食でした。



20240304_183026




可愛いお姉ちゃんは朝食の時間が終わるとフロントに来て「英語対応係」になります。



また滞在中に私と入れ違いでパタヤに行ってしまったバービア嬢に渡すお土産をフロントのおばちゃんが「私がちゃんと責任持って渡すからホテルに置いておきなさい」と預かってくれたり。


20240304_183119



後日、バンコクへ戻ってきたお気に入り嬢が無事にこのおばちゃんからお土産を受け取ったと連絡がありました。



Screenshot_20240304_183409_LINE


2週間ほどお土産をホテルでしっかりと預かっていてくれていました。




パタヤのPage10並みにスタッフと仲良くなれ、良いホテルだなぁと。



⑤ ネット対応TVが繋がらない(笑)


20240107_151459


TVのリモコンがコレだったのでスマホの小さい画面ではなく、TVの画面でYouTubeでも見ようと思いましたが


20240107_152005



ずっと画面がこのまま動かず。


なんどやっても途中でフリーズしてしまいました。


⑥ プールが寒い



20240107_162132


プールは2Fにあり、1日中こんな感じでお日様が当たらず水も冷たい。


我慢して入ってみたのですが、寒くてすぐに上がってしまいました。


またプールの上に映っているジムですが、ランニングマシーンは壊れていたという。。(笑)


あとは可もなく不可もなし、平均的なホテルだと思います。


20240107_151224

ベッドは大きく、シャワーはシースルー仕様。


バスルームのアメニティはボディソープ・シャンプー・固形石鹸のみ。


歯ブラシや綿棒もありませんでした。


また部屋にドライヤーがなく、フロントに取りに行きました。


20240108_102748


このホテルはロビーが2Fはこんな感じ。


20240107_162146


この右側にはバーカウンターとマッサージがあったようですが現在は営業しておらず。


またこの2Fに部屋へ行くためのエレベーターがあり、1Fのフロントがあるロビーから



20240107_162210


2Fへは階段を使う必要があります。


部屋から1Fのこのロビーへ行けるかと思って1Fのボタンを押したら駐車場入り口でした。


1Fにエレベーターはありますが、どうやら部屋にある階とは通じていないようでした。



次のバンコクで「またこのホテルに泊まるか?」と聞かれると



「同じスタッフだったら短い期間は泊まる」です。


3日以上だったらタバコが部屋で吸えないのでアウト。


あとは私にとっては非常に居心地の良いホテルでしたのでリピート有り。



スタッフがそれほど私には合っていたホテルでした。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。



パタヤのホテル紹介をしておきます。



YouTubeに動画も上げておきました。






(以前の紹介動画です↓)







ゴールデンシーは今回2度目の宿泊となりますので詳細はだいぶ端折りますが、なんでゴールデンシーかと言うところを。



何度も書いていてクドいですが、今回のタイは基本的に最初っからバンコク一択のつもりでした。



帰国便がスワンナプームからですので、タイのホテルはバンコクで取っていただけ。



ところが色んな要素が重なりパタヤへ行くことに。



年末年始の旅程ですが、時は既に12月。



12月になってからパタヤのホテルを慌てて探すことになりました。



当然ながらコスパ良く評判の良いホテルは空き部屋なし、また空いていてもボッタ○リ価格(お祭り価格とも言う)で高い。



最悪、友達の部屋へ居候か?とも思いつつ探していると空き部屋発見。



それがゴールデンシーでした。



ここは元々、大体3千円台の価格設定ですが、さすがに年末年始は若干高め。



4,300円ほどでしたが、朝食込みでこの時期泊まれるし、ホテルのクオリティは知っているのでポチッと。




逆に予約がもう少し早い時期ですと年末年始はもっと高く5,000円台の価格設定だったようですが、私の場合はギリギリのタイミングでしたので空き部屋埋めに価格を下げ始めていたのかと思われます。



(参考までに3月末で見るとこんな価格設定です。ソンクラーン前だから?若干高め)



Screenshot_20240220_191740_Chrome



そして予約完了後にホテルへメール。



「前回、○○号室だったので出来れば違う部屋をお願いします」と、違う部屋の様子を見てみたかったのでメッセージを送っておきました。




パタヤへ到着してチェックイン。



フロントおねぇちゃんは前回宿泊時に仲良くなった人ではありませんので、大人しく(笑)手続きだけ。



「メールで連絡貰っていたので別棟を取りました」との事でしたが、別棟とはElementsの事でした。



てっきりElementsはコンドかと思っていました。いつもフロントに人が居ないし。




20240105_094702



部屋のティッシュは片面Elements、片面Golden seaの印刷になっていた事に始めて気がつきました。



そして入口にあったElementsの看板は下ろしており、ゴールデンシーの別棟扱いになってました。


20231231_073806


こんな感じでゴールデンシーは本館と別棟が2つの巨大ホテルになっていました。


ちなみに本館と別館は通路が繋がっていますが、Elementsへは一旦外に出るような感じになります。



★印が旧Elements、1番向かって右の①が本館、真ん中がGolden seaの別館



なんかエントランスもキレイになっているし。


20240101_142337



そして私の昼間の作戦会議室のプールですが、実は夜がキレイな事も判明。



たまにはナイトプールも良いかもです。


20240104_182214



またElements前には隠しプールも存在しています。



聞いてみたら前はElements専用にしていたプールらしいです。



20240103_151430



ただ、昼間は周りを見ていただくとお分かりの通り、木が多くて蚊も多くベッドで寝ているとめっちゃ蚊に刺されます。



そして本館前からブッカオに出る所にホテル経営のバービアも出来ていました。



20231230_170732


ここからブッカオに面したカウンターでビール飲みながらカンマッサージが開くのをウォッチしとけば良かったんだ。。。



相変わらずコスパも場所もベストに近いゴールデンシーです。




部屋はと言うと、本館同様に元Elementsの別棟も部屋自体に経年劣化を感じはするものの、部屋の広さや設備に不満が出る訳でも、足りない訳でもなく、また他の宿泊客はロシア・インドが目立つものの、大陸からの客はほぼ見ることもなく。




フロント出てすぐがブッカオという利便性と朝食と部屋の広さを考えると寧ろストロングポイントが勝る。



ちょっと寂れた昔のリゾートホテルって言ったら違うか。。(汗)


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございます!とーいです。



パタヤラスト・ナイトの話を書いてしまったので、ここらでベトナムのホテルの記事にします。



タイでもそうなのですが、リアルタイムでホテルの記事をアップしてしまうと色んな弊害が出る?かもと、いつもホテルの記事は時間差でアップさせていただいております。



今回のホテルはベトナム ホーチミンにあるチェリーホテルです。




ですが、予約を入れたのは


20231229_175743



このチェリー【ブティック】ホテル。




agodaでチェック




こちらのリンクを貼ったチェリー【ブティック】ホテルですが



YouTubeで説明していますが、簡単にお伝えすると




オーバーブッキング



でした。




部屋の様子を含めて動画にしています。







そして実際に宿泊したのが



チェリーホテルとなります。



位置関係と、値段の目安はこんな感じ。



Screenshot_20240204_121214_Maps



赤いラインが予約したチェリー【ブティック】ホテル。




そして実際に宿泊したのが青のチェリーホテル。



それから黄色のマークが以前レポートしたシルバーランドシルホテルになります。




その時の記事はこちらです。



シルバーランドシルホテルとチェリー【ブティック】ホテルはともにレタントン通りすぐに面しているので、私の好みというか、行動半径がお解りいただけると思います(笑)



そう。ホーチミンはレタントンを中心にしておけば、私は充分楽しむ事ができます。



それで口コミの良いチェリー【ブティック】ホテルを選択したのですが。。。



【ブティック】ホテルに到着し、半地下にあるフロントへ着き、パスポートを出してチェックインすると



「系列のチェリーホテルの部屋を取ってあります。これからご案内します。」




「朝食込みですので、朝食はこちらのチェリー【ブティック】ホテルの1Fに来て下さい」




と。




(なんじゃそれ!)とは思いましたが、オーバーブッキングなんて東南アジアでは有り得る事。



部屋が無いなんて言い出さないだけマシだなと思い、



「ホテルを移るのは構わないけど、禁煙の部屋はダメだからね。それは最初から伝えているし」



と言うとフロントのおねえさんが「OKです。向こうのホテルに伝えます」と何やら電話。



向こうのホテルと話をしているようですが、揉めている感じがアリアリと伝わります。



(なんか面倒にならなければ良いけど)と思いつつ、話がついたようですのでボーイさんに連れられてチェリーホテルへ。



20231229_163319


レタントンの日本人街をズンズン進みます。



そして着いたのがチェリーホテル。




20231229_175130



明らかに【ブティック】よりワンランク下なホテル。



そりゃそうだ。オーバーブッキング(らしい)で空き部屋が残ってるんだから。



上の位置関係の図の値段でもお解りの通り、完全に下のクラスのホテル。



この時点で私は結構イラついています。



こちらで再度のチェックイン。



フロントのおねえさんに「タバコはそこのフロント前にある灰皿でお願いします」と言われるけど、何も応えずにスルー。




(俺はさっき、【ブティック】でちゃんと喫煙部屋だという事を確認している)と。



部屋に着くと部屋のドアには



Screenshot_20240204_123713_Gallery



思いっきり【禁煙マーク】。




まぁ、でも大丈夫だろ。。と思い部屋の中へ。



やはり灰皿がありません。




フッ。。。舐めんなよ。俺を物分かりの良いただの日本人だと思うなよ。




とばかりに、スーツケースと部屋のカギを持って即フロントへ逆戻り。




フロントに着き




私:「部屋に灰皿がないから頂戴」



フロント:「ホテルは全室禁煙です。タバコは外の灰皿の所で」



と先程のチェックインの時と同じ事を言ってきます。



私:「それでは話が違います。予約を確認して下さい。ダメなら【ブティック】で予約しているので【ブティック】に部屋を戻して下さい。今から【ブティック】に戻ります!」



と部屋のカギをフロントのカウンターに置きます。



フロント:「分かりました。後で部屋に灰皿を持って行きますので部屋に戻って待っていて下さい」




全く。。。【ブティック】とさっき電話で揉めていたのはその件でだろう!コッチが喫煙だと分かっているクセに禁煙とか言いやがって、大人しい日本人だと舐めてすっとぼけやがったな。。



みたいな。




そしてオーバーブッキングよりも私が1番驚いたのがコレ。




20240204_125119


帰国後、アゴダの予約を確認してみたらキャンセルになっていました。



カードの明細を確認してもホテルの宿泊費は取られていませんでした。



コレはいったい。。。



部屋の様子は動画で見ていただくとして、喫煙者も含めて日本人の方はこの様にアップグレードは別ですが、予約と異なる状況になった場合は英語だろうが、ベトナム語でもタイ語でも同じですが、「話せないから」と遠慮してはダメです。



こちらに基本的に落ち度がなければちゃんと日本語でも良いので毅然と抗議しなければ!です。



この後、フロントのおねえさんは私と顔を合わせる度に気を遣ってくれたのか、「ミスター、今日は部屋に何か問題ありましたか?」みたいな声掛けをしてくれ、とても気持ち良く過ごせるようになりました。



にしても、ダウングレードというより完全別ホテルというのはやはり納得し難い。



【ブティック】での予約でしたので朝食は【ブティック】まで行かないといけなく(予約時の人数に対応して用意するからと言われましたが、【ブティック】でも食べ物なくて補給もされないので完全に向こうの都合だと思われます)不満。



やはりホーチミンではシルバーランドグループにすべきか。。




にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村


タイ(海外生活・情報)ランキング
タイ(海外生活・情報)ランキング

↑このページのトップヘ