とーいのつれづれ

タイを中心としたホテルや飛行機、遊びなどをつれづれに綴っています。

カテゴリ: 宿泊(ホテル)

いつもご覧いただき、ありがとーございまっす!とーいです。



バンコクのホテル紹介、ようやく12まで数えることが出来ました。



過去分を蒸し返してもアレなのでブログを書き始めてからのカウントです。



何も知らずに泊まってしまったタ●パンとか。



ブログに書くと面白い(?)のでしょうけれど。



アジ●ホテルとか、ナ●ホテルとか、マンハ●タンとかバ●ヨークの類いの話です。



何の話か興味がある方はググッてみたり、孃に「ピーの出るホテル知ってる?」とか聞いてみて下さい。



私はその系統には疎いので全く何も感じませんでしたが、当時は孃に「このホテルはイヤだ!」と言われて初めてタ●パンがその手の逸話がある事を知りました。



さて、それではガレリア10バンコクホテルの紹介です。



 ガレリア10スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ



場所はアソークとナナのちょうど中間あたりにあり、ナナプラザやソイカウボーイどちらにでも行ける便利な場所にあります。



その名の通りソイ10にあります。




今回はパタヤでもバンコクでもソイ10でした。



ナナとアソークの間にはスクンビットの奇数側には多くのホテルがありますが、このホテルは偶数側にあります。



ですのでどちらかと言うとナナプラザが行きやすいかな?



スクンビット通りを渡る必要がありませんので。



またスクンビット通りからは若干奥まった所にあります。



20220818_151854


エントランスは夜が結構派手目です。



20220818_151829


いや、これ夜は見易いようでいて見難い。



赤いライトで縁取りされていますが、良く見ると普通この手のライトって段差の上側に沿って作りません?


滑り止めのように。


段差の下側に着いているので段の高さが夜は全く分からず、けつまづいてしまいました。



20220819_161304



フロアもなんとなく派手系統。



私は当然ながら喫煙部屋をオーダーしたのですが、エレベーターを降りた瞬間にヤニ臭かったです。



このフロア全体が喫煙部屋みたいです。




20220818_143829



一応、水2本にコーヒー、紅茶とポットはあり、この下が冷蔵庫になっています。




20220818_143729


ベッド脇には両側にこのスポットライトが設置されていましたが、光量が弱すぎて何の役にも立ちませんでした。



20220818_143644


部屋の広さは1人には充分。



TVはNHKワールドも入ります。


このライティングデスクは目の前にコンセントもあり、またオフィスチェアですので仕事をするには快適でした。


ただ、テーブルの上のランプは球切れ(笑)



20220818_144017



ベランダはなく、腰窓。


外を見るとこんなんでチェックインバーが見えたりする最高の景色(笑)



20220818_143709



そして。ベッド中央にはコンセント。



1人寝には絶好の場所に設置されていますが、女性と一緒に寝るとこのコンセントにスマホを充電されて、2人の間は寸断されるでしょう。



20220818_143610


トイレは標準的。座っていると鏡に映る自分の踏ん張り顔が確認出来ます。



20220818_143604



バスタオルは2枚ありますが、フェイスタオルがありませんでした。




20220818_143542


クローゼットはまぁ標準的な容量ですが、バスローブは置いてありません。


アイロンは置いてありました。



20220818_143529



まぁ、清潔感もあり可もなく不可もないといった感じ。



20220819_082937

20220819_082941


朝食もそこそこ種類が充実しています。



このホテルのポイントは


① ナナ、アソーク間にあり夜遊びするには非常に便利


② 喫煙者には今のバンコクでは貴重なフロアまるごと喫煙部屋


③ LB好きにはたまらないチェックインバーがすぐそば


④ スクンビット通りに出ないとコンビニがなく、ちょっとした買い物には不自由


⑤ スタッフは事務的ながらもタイングリッシュではなく、かなりキレイな英語で受け答えをしてくれ、意思疎通がしやすい。且つ女性スタッフが美人揃い


⑥ 一度チェックインバーで顔を覚えられるとスクンビット通りに出るまでと帰り道で捕まらないかヒヤヒヤする



総じて5000円以下であれば、利便性を考えてリピートありだと思います。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

いつもご覧いただき、ありがとーございまっす!とーいです。



このホテルを紹介する前に、このホテルとの馴れ初め(?)からお話しすることが今回は必要となります。



ここのホテルスタッフ(現在はパタヤのとある場所でサロンのオーナーをしています)と初の出会いは2018年5月でした。






チェックインの際に自分の名前を書くよりも先に彼女を見て出た言葉が「スワイ マーク」。



滞在中仲良くさせて貰い、チェックアウトの時に私がデポジットの受取書を無くしてしまい、サインをしたついでにLINEを強制的に受け取って貰ってからその関係が現在まで続いています。




ある時は強制的にこのホテルへ泊まらされたり。





まぁ、彼女繋がりでこのホテルスタッフ達とはとても良好な関係が続いています。



でも!!



今回のパタヤは事前に「一切予定日を決めていない突然の訪問」。



コンケーンで「明日、急に仕事でバンコクに行く(実はバンコクではなく、パタヤなのですが)」と朝、決めてコンケーンの家族に伝えその日のウチに翌日のエアを取り、そのまま何の準備もなく、パタヤ入りしたのです。



道中、アゴダを見て宿泊先を探すもののお盆休み真っ最中のために何処も取れなかったり、異様に高かったり。



これは困った。。。



そこで元Page10スタッフのLちゃんにLINE。



彼女のツテで良いホテルを探して貰う事にしたところ



「とーい、なんでPage10に行かないの?アソコは大丈夫だよ」と返ってきました。



Page10。。。イイホテルなのですが、どうも気が進みません。



スタッフ達もホテル自体も良いホテルなのは分かってはいるものの、女のコを連れて行く訳にはいかず、独り寝確定です。



普段からタイでは殆ど独り寝で、隣に誰か一緒の機会はまずありませんが、前日までコンケーンで居心地の良い、人肌を感じながら寝ていた日々がまだ身体に残っていたので独り寝はしたくありませんでした。



そしてアゴダでPage10の価格を見ると、見事に満室か、お盆価格。



Lちやんに「Page10、高くて泊まれないよ」と連絡。



暫くすると「とーい、私が連絡しておいたから安心してホテルへ行っていいよ」と。



ホテルへ着き、パスポートを出してLちゃんが「これをスタッフに見せて」と言って送ってくれたLINEを見せると



「OK。部屋は取れてます。」とはじめましてのLBのスタッフ。



「ちょっと待ってて。他のスタッフを呼んでくる」と奥へ。



暫くして他のスタッフをフロントに置いてLBスタッフが部屋へ案内してくれます。



「まずこの部屋を見て」と案内されたのはちょうど「パタヤのホテル3」で記事にした部屋と同じ部屋。



「OK。この部屋泊まったことあるからここで良いよ」と私が荷物を置こうとすると



「ちょっとコッチへ来て」と別の部屋へ。



「私はコッチをオススメします。アッチは夜になるとバーの音がうるさいし、犬の鳴き声もうるさい。コッチの部屋は静かです」と。



それならばとコチラで決定。



それが



20220809_191821




20220809_191835

この部屋。


大体、部屋のイメージは他と一緒。


ただ


20220809_191920


なぜか、トイレとシャワーの間にクローゼットがあります。(笑)



服が湿気と匂いを吸い取りそう。。^^;



そしてスタッフが進めてくれた1番の理由が



20220815_154750

コレ。


隣がザ·ベイビューホテルで、その向こうにセンタンが見えます。



確かに静かでした。



9ee4730d


ソイ10側の部屋とは全然騒音が違いました。



これからPage10を検討される方はセンタン方面の部屋をリクエストすると良いと思います。



20220815_124407


「少しだけインフィニティ」プールもそのまま。


20220815_152552


パタヤビーチも見えなくはない。




ただ。。。



Page10、残念な事に全室禁煙となりました。



ベランダから灰皿も撤去されています。



起きてすぐとシャワー後は絶対にタバコを吸わないとおかしくなる病の私には辛いどころの騒ぎではありません。



案内してくれたLBスタッフに「タバコが吸えないと死んでしまう特異体質なんだけど。。」と言うと笑って「ある秘策」を教えてくれました。



詳しく伝える事は出来ませんので喫煙者の方は予約する前にホテルへ要問合せです。



宿泊料金は驚きの社員価格。この時期に行き当たりばったりでの来訪にも関わらず、今まで泊まったどこよりも低価格でした。



やはり持つべきは信頼出来る友達です。



で・す・が!!!



このLBスタッフも他のスタッフも私が元スタッフのLちゃんの知り合いという事が周知され、夜番のおじちゃんも顔見知り。



朝食会場のおばちゃんまで私の名前を覚えていました。



ついに一度もホテルへの持ち込みは出来ずパタヤナイトは終了してしまったのは言うまでもありませんでした。。。(T_T)



そして今回、私も「ついに」出会うことになりました。



「抱きつきスリ」です。



20220815_184839


出会ったのはこの写真の手前から3本目の電柱の所。


Page10の隣のバービアが終了する時間になるとこのソイは元々ホテルが並んでいますので、さほど気にするまでもない通りなのですが、ホテルは軒並みクローズの今は殆ど真っ暗に近い、狭い通りになっています。



ビーチロードから深夜ホテルへ戻るためにトボトボ歩いていると、セカンドロード側からバイクが1台。



先程の電柱あたりでライトを消して止まりました。



私とは50㍍ほど。



するとバイクに乗っていたのは女性であることが分かりました。



私が近づくと手を振ってきます。



たちんぼか。。と思っていました。



目の前に来ると



「サワディーカー」とワイをするのでこちらもワイしときます。



見た目20代前半。



たしかキティちゃんのポーチを斜め掛けしていた覚えがあります。



声も見た目もLBではありません。



すると、



「どこへ行くの?」と私の腰に両手を回してきました。



「ホテルへ帰るんだよ」と私が応えた瞬間、



腰の手を後ろポケットへ伸ばしてきました。



反射的に手を弾くと彼女は「ソーリー」と私から離れます。



私はいつも夜街へ出向く際は身軽にしたいので財布はミニマル財布にしてジーンズのデザインで隠しポケット的な所に財布を入れておきます。



瞬間的に抱きつきスリであると感じた私は彼女を捕まえようと手を伸ばしますが、彼女はすぐにバイクに乗ります。


取られるモノは無いのですが、一応前後左右のポケットを確認するも何も取られていませんでした。



その間に彼女は逃走。



これか。。。



ホテルへ帰り、フロントのおっちゃんに今あった事を話ます。



おっちゃん、



「今はまだこの道は暗いから日本人は気を付けた方がよいね。スタッフに伝えておくよ」


との事。



皆さんも充分お気をつけて下さい!!


これは絶対にブログに書いておこうと思った、何も被害はありませんでしたが事件でした。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング

連休に身体が馴染んでしまい、週末の土日だけでは時間が足りないなぁ。



これじゃ明日からの一週間はキツく感じるだろうなぁ。



はぁタイへ行きたい。。



て事で昨日は「お気に1号」に癒やされマッサをして貰ってきました。



この子は本当にホンワカ気分になります。



マッサが終わった後、「ちょっとコッチにおいで」と腕枕で横に寝て貰い、ギュギュッとしながらこの子の心臓の鼓動を感じているとなんとも言えない安心感のような感覚がやってきます。



チュッチュだけで満足感タップリ。



さぁ、今日は「お気に2号」にトロトロにして貰おう!555



ところで。昨日、店のママさんとの話でこんな事がありました。



この会話はママさんと私のタイープン(タイ語と日本語のごちゃまぜ)のため、少々変な日本語ですが、ご了承下さい。





「東京はみんなマッサージの店がクローズだよ」


ママ

「仕方ないね。コロナぁは危ないよ」




「そうそう!みんなコロナぁが怖いって言ってる」


ママ

「コロナぁはみんな怖い。死んじゃうよ」




「でも、店がクローズはみんなお金ないで大変だね」


ママ

「チャイ。とーいのコンルーチャック(知り合い)もみんなクローズで仕事マイミーでしょ?チャイマイ?」




「チャイチャイ。ママさん、プアン(友達)はどうしてるの?」


ママ

「プアンはみんなチバでタムガン(仕事)お願い言うナ」

「でもワタシの店もヒマばかり。タムガンない」




「ンガンルー(そうなんだ)。みんな千葉で働きたいの?」


ママ

「チャーイ。トウキョウはタムガン マイダイ。みんなお金欲しいでしょ。チバ、イバラキ行くナ」




やっぱり、そうですよね。働きたくて日本に来ているのに働けないし、タイへも簡単に戻れないとなると店を開いている所へ行きますよね。



でも東京で変な客の扱い方を覚えてしまった子が千葉や茨城や地方へ行ってそこで変な「東京流儀」を広めてしまわなければ良いのですが。




私が客の1人として「東京流儀」を阻止して「チバラギ流儀」を教えなければ!!



・古式でのオプションのお誘いは期待してもダメ!オイルは知らんけど

・客から逆にオプション要望があってもHJ5000円はペーンマーク!

・Facebookの友達招待はダメ!日本人のFacebookは仕事関係も多いから事情を察してね

・片手スマホでのマッサはバレると直ぐに掲示版にアップされるから注意してね



う〜ん。。「チバラギ」らしさなんて無いッスね。。(^_^;)




さて。昨日の記事の続きに入りたいと思います。







今回はベスト3になりますが、あくまでも私の視点での順位付という事をご承知置き下さい。


また、レポを上げていないホテルもありますので順位とは関係なく、ご覧頂いて是非ともパタヤのホテルでご自分のお気に入りの宿泊先を見つけられたら、コメントでも教えて貰えると嬉しいです。



【第3位】


Hブティックホテル


75924418







ロケーション ★★★★☆
設備     ★★☆☆☆
アメニティ  ★★☆☆☆
食事     ★★★☆☆
快適度    ★★★★☆



コチラは設備やアメニティの評価は正直低いです。

また食事に関しても提携のハニーインでの食事となります。(現在はハニーインはホテル自体が売りに出されているようです)


ですがこの順位を付けたのはズバリ、コスパの良さです。


系列のハニーインはもう少し安いけど、値段相応な部屋。247は逆にココよりも部屋自体は少し良いけれどその分、若干高めで日本人人気高し。


日本人にも大きな不満は出ないであろう部屋で、この価格とロケーションはトータルで考えると満足度は高いと思います。


オススメの遊び場所


・ソイハニー
・ソイブッカオ
・LKメトロ




【第2位】

アヤブティックホテル



ロケーション ★★★★☆
設備     ★★★☆☆
アメニティ  ★★★★☆
食事     ★★☆☆☆
快適度    ★★★★☆


ここはベイウォークレジデンスの対面にある日本人経営のホテル。ホテル1Fに獏焼肉があります。

部屋はDAY(ビーチロードサイド)とNITE(セカンドロードサイド)にエレベーターを挟んで分かれており、NITEは部屋が広めの造りになっています。


スタッフが日本人慣れしており、とてもフレンドリーな対応をしてくれたことが印象的。


ウェルカムおやつも用意されています。部屋のトーンがとても落ち着いており、気持ち良く滞在出来るホテルです。



aya


デラックスとスタンダードがあり、スタンダードはDAYサイドで部屋は狭いですが、あくまでも標準的な広さはあります。


日本人にとても優しいホテルという大きなアドバンテージがあります。


またスタッフに頼むとホテルのトゥクトゥクで大概の所に連れて行って貰うことが出来るサービスもあります。(要予約)


オススメの遊び場所


・WS
・セカンドロード沿いマッサージ



【第1位】

Page10ホテル




page10


ごめんなさい。ここはおおいに私情が入っての1位です。


このホテルスタッフとの出会いで私のパタヤライフは大きく変化してしまいましたので、そのキッカケとなったこのホテルには思い入れがズッポシあります。



またパタヤで体調を崩してしまい、監視付ではありましたが本当に終日部屋に軟禁状態で寝ていた関係でスタッフ達の対応の良さを改めて感じたホテルです。スタッフの対応力は今まで泊まったパタヤのホテルで文句なしのNo.1です。スタッフのホスピタリティがホテルの快適度に直結するという事が良く分かるホテルです。


最近はあまりにも顔見知りばかりになってしまった事で逆に泊まり難くなってしまいました。


ロケーション ★★★☆☆
設備     ★★★★☆
アメニティ  ★★★★☆
食事     ★★★☆☆
快適度    ★★★★★


ロケーションは名前から分かる通りソイ10にあり、セカンドロード寄りにあります。場所的にソンテウを利用してどこへ行くにも便利。セカンドロードを渡るとそこはソイハニーで、ブッカオ方面に向かうにも全然不便ではありません。


ロケーションを軸にするならば、このホテルは全方位対応型といえます。


設備やアメニティは落ち着いた配色や品揃えで上品です。


食事の品数は少ないですが、落ち着いてゆっくり出来る雰囲気。


このホテルに宿泊して文句を言う人はまず居ないでしょうが、ここ最近は値段が若干高値推移しており、お盆や正月休みには日本からの予約時に驚くほどの値段になっていたりもしますので、タイにお友達がいらっしゃれば、その時期の予約はタイから電話でして貰うのが良いでしょう。


オススメの遊び場所


・ソイ10バービア
・ソイブッカオ
・Tree Town



如何でしたでしょうか?


順位はあくまでも参考程度になさって、こんなホテルかぁ〜位の気持ちで見て頂ければ幸いです。


ちな、私が次にパタヤに行ったら泊まってみたいホテルはタローさんが記事に起こしてくれたコチラ。






The Amethyst Pattaya Hotelです。



私のパタヤでの行動範囲にパックリとハマります。



お値段は相場から見るとお高く感じますが、現在のタイではみんなぶっ飛び価格を付けていますので、実際にみんなが訪泰が出来るようになったら一気に下げてくるでしょう。






それではタイのリアルバービーに会いに行ってきまぁ〜す(はぁと)555



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


GW終了した土日。私はパラダイスウィークエンドです。555


まずはゴーゴーさん、メッセージありがとうございました。メールにて返信させて頂きました!


今日はニュースで知りましたが、JALが春秋航空日本を6月から連結子会社化という記事を見ました。


中国経路の強化という事のようですが、日本の航空会社が活性化するのは嬉しい事です。



春秋航空は確か2回ほど利用した(みたい)ですが、特に印象もなく、またこれからどれ程使用するのかは不明ですけれど、先日のZIPAIR同様に頑張って頂きたいと思います。




さて、美人姉妹(妹)にすっかり骨を抜かれメロメロになってしまったとーいです。



いやぁ、まずいっス。私には日本ではお気に入り認定は1人にしておかないとダメなのですが。。。




日本のマッサ店は皆さんの呆れている顔が分かるほど、アチコチと彷徨い歩いていますのでお気にを複数作ってしまうとお金も時間もどうにもならない事態となりかねません。




ですのでナンダカンダ言って日本のお店では「お気に入りは1人だけ」と心に決めておりました。




これまで私が「タイの京おんな」と自分の中で呼んでいた子がお気に入り認定している子だったのですが、このGWで一気に距離が縮まった美人姉妹の子がどんどん心の浸食をはじめて来ています。



私は思いっ切り関東人なので京都の女性に対して勝手な思い込みと憧れを持っていて「京おんな=ハンナリ」というイメージのまま、この年まで過ごしてきました。



たまに京都の方と話しをすると正に「ハンナリ」というか、おっとりというか、華やかさというか、あの声調に癒やされます。




この美人姉妹(妹)はGW前まではLINEのプロフィールに表示している名前がタイのチューレンでした。



GWの親子丼の際にタマタマ彼女のLINEの話しになり、「LINEは殆ど使わない。本当だよ」と見せて貰った際に彼女の友だちは全員タイ人で、言っている通り殆どメッセのやり取りはありませんでした。


(メッセンジャーばかり使っていました)



そしてマッサが終わり、家に着いてスマホを見ると彼女のプロフィールが日本語になっていました。



「日本語になっているね。良く日本語が分かったね」とLINEを入れると



「とーいはコンイープンでしょ。パーサーイープンをお母さんに教えて貰った」



この時点で私はチョットやられました。


LINEのプロフィールは私だけに表示されるモノではないじゃないですか。


しかも友達はタイ人だけ。なんか特別感を勝手に感じてしまいました。(^_^;)



そして先日、呼び出しを喰らい店へ行き、1on1プレイの時にこのLINEの話を再度。



彼女の投稿は「0」、写真も「0」。



単純に私は公開制限しており、私はその中に入っていないものだと思い、



「F(美人姉妹の妹)、私もあなたのLINEの写真を見たいから公開に私を入れてね」とお願いすると



「LINEは使ってない。見て」と自分のスマホでホームを見せてくれました。



本当に投稿「0」でした。



タイ人でこんな人、初めて見ました!!



タイ人はみんなLINEに多少なりとも、イヤ大量に写真アップしてるモンだとばかり思っていました。



「私の写真が見たいの?今度見せてあげる」



その日から今日まで彼女のプロフィール写真と背景は毎日違う写真に切り替わっています。



そしてLINEのやり取りは毎日してはいるのですが、寝落ちして会話が途絶えた後、朝起きてLINEを見てみると必ず夜中に



「ฝันดีนะ (ファンディーナカー)」が必ず入っています。



もうね、ノックアウト寸前です。



ほっそい手足に白い肌、無毛、でもアンバランスなでっけーオ〇パイに長くキレイな髪。



タイ版のリアルバービーなんです。



5c63e29d24000093024b544e




そんな彼女の写真を毎日日替わりで見ているとドンドン引き込まれ、「ファンディーナ」にトロトロになってしまいます。



見た目と中身のGAPの激しさにも参ってしまいます。



これまでは親子丼でお母さんのマシンガントークで全然話しが出来ずに気が付かなかったのですが、この子も私の中では「京おんな」チックな子だったのです。



勝手なイメージですが、「京おんな」とは某緑茶CMの宮沢りえが最も近いイメージです。555


ちょっと引いたスタンスで出しゃばらず、でも陽気でしっかり。



そして彼女から唐突に、


「とーい、私はとーいと一緒に行きたい所があります。一緒に写真を撮りたいです。」



の言葉が日本語で出ました。











100回連れてってやるわぁーーーーーーー!!!!



一緒に写真撮りたいだとぉ?!なんと可愛らしい!!





完全にお気にが2人になってもぉた。。






さて。本題にそろそろ突入しますね。




パタヤのホテルについて私も便乗して記事を書いてみたいと思います。



今までブログに書いてきた中からチョイスしてベストを並べてみますね。



選考の採点項目は


・ロケーション
・部屋の設備
・アメニティ
・朝食
・快適度

をそれぞれ採点してみます。


ホテル名の文字にagodaのリンクを貼っていますのでオフィシャルの写真や設備などを確認してみて下さい。(別ウインドウで開きます)




【第10位】

アレカロッジホテル






c8686b6b



ロケーション ★★★★★
設備     ★★☆☆☆
アメニティ  ★★☆☆☆
食事     ★★★☆☆
快適度    ★★☆☆☆


まず、お断りしておきますが私が泊まった時は改装中のため、別館。


本館は全く見ておりませんので別館への評価です。


食事はお隣のエバーグリーンホテルです。


いかんせん、ロケーションは文句なしに良いのですが、設備の古さとアメニティの貧弱さが値段に釣り合わずにこの評価です。


オススメの遊び場所

・LKメトロ
・ソイダイアナ



【第9位】


アクアホテル






ロケーション ★★★★☆
設備     ★★★★☆
アメニティ  ★★★★☆
食事     ★★★★☆
快適度    ★☆☆☆☆



一言。


部屋の狭さが全てをブチ壊してしまうホテルです。


宿泊は2度しましたが、スーペリアルームでしたらこれから先は予約は入れません。



嬢にでさえ、「とーい、このホテルはマイサバイ。私の家の方がサバイナ!私の家へおいで」と彼女の家へ連れて行かれました。


設備やスタッフはパタヤで最高の部類に入るホテルなのは間違いないかと思いますが、いかんせん狭過ぎます。


タイ人の家に対する価値観の基準のひとつが「広い家」。


それからするとたかだか何泊かのホテル住まいなら何故こんな狭い部屋に泊まるんだ?みたいな疑問だったようです。設備のキレイさは全く彼女達に訴求しません。


コッチより


ef02afc0




コッチの方がサバイですから。

20190506_211315


このアクアではひとつ笑える後日談があって




「とーい、コッチのホテルは安くてサバイだよ」と写真を送ってきました。


Point Blur_20210508_151424





ソイハニーの隣にあるサワディサイアムホテルからです。



彼女からしてみると、私に良いホテルを教えるつもりだけだったみたいですが



「なんでそのホテルに居るの?」と私が送った事で( ゚д゚)ハッ!となったのでしょう。555


もぅね、私は可笑しくて可笑しくて笑ってしまっていたのですが、彼女はひたすら謝ってくるものですから、調子に乗って「誰と居るんだ?!浮気したな!」みたいな事を送ってからかって遊んだのが良い思い出です。

オススメの遊び場所


・Tree Town
・ソイハニー



【第8位】


ザ ベイビューホテル





ロケーション ★★★★☆
設備     ★★★☆☆
アメニティ  ★★★☆☆
食事     ★★☆☆☆
快適度    ★★☆☆☆


ここはビーチロードとセカンドロードにホテル敷地が接しているという広大なホテルです。



スタッフの対応も良いのですが、巨大ホテルにありがちな大陸観光客を多く受け入れています。
正直言いますとそれがなければもっと上位に評価したいホテルです。


彼等を受け入れるなとはモチロン思いませんが、団体客になると他人の事は気にしないという振る舞いが増えてしまう事が彼らの残念な点です。


あと若干、設備に古さを感じる所も気になります。


オススメの遊び場所


・Tree Town

・ソイ10バービア


【第7位】

ホテルビスタ(現サンシャインビスタホテル)





vista


ロケーション ★★☆☆☆
設備     ★★★★☆
アメニティ  ★★★★☆
食事     ★★★☆☆
快適度    ★★★☆☆


ソイ4のビーチロードとセカンドロードの中間地点のロケーション。
ソイ6が主戦場の方にはおススメの場所にあります。
設備やアメニティは新しさを感じるもので充実しています。USB電源もあります。


食事は品揃えも豊富。



この順位にしたのは大陸からの団体を積極的(?)に受けているようで、とにかくホテル内のどこに居ても団体客の大騒ぎが目につく、耳につく。


スタッフもその対応に辟易しているようで日本人もそちらの方々と間違えられるとメッチャ愛想悪い感じが露骨に。。


フロントスタッフなど、こちらが日本人と分かって認識している人は爽やかな対応だっただけに残念ポイント。


オススメの遊び場所

・ソイ6

・MP ラスプーチン、ハニー2、サバイルーム、サバイディ


【第6位】

LKメトロポールホテル




lk


ロケーション ★★★★★
設備     ★★☆☆☆
アメニティ  ★★☆☆☆
食事     ★★★☆☆
快適度    ★★★★☆


ロケーションが私にとってはベストなホテル。ゴーゴー密集地帯のLKメトロは正にこのホテルから取られた通称。ホテルを出ると即、ゴーゴー地帯。ブッカオはもちろん超近い。LKやブッカオで遊ぶならこのホテルがベストなのは間違いありません。



部屋はどこもかしこも経年劣化してはいますが、ファランが好むであろう装飾が歴史を感じます。


食事はメインを1品チョイスし、サラダやサイドはバイキング形式。種類も豊富です。


宿泊時に最悪だったのがWiFi。全く使い物にならないほどの遅さ。改善されていれば良いですが。


アメニティもなんとなく、仕様が古い感じはするものの歯ブラシ完備。


オススメの遊び場所

・LKメトロ
・ソイブッカオ


【第5位】


ベイウォークレジデンス パタヤ





beywalk


ロケーション ★★★★☆
設備     ★★☆☆☆
アメニティ  ★★★☆☆
食事     ★★★★★
快適度    ★★★☆☆


まずはパタヤに慣れていない、WSがあれば他には行かないという方には絶好のロケーションです。
隣にパタヤシティウォークがあり、Tシャツやタイ土産は大概買い揃えることが出来ますし、WSまではビーチロードを散歩しているうちに着いてしまいます。



パタヤシティウォークの怪しいカバン屋さんにインド系のメッチャかわいいおねえさんが居て、毎日彼女との会話も楽しかったです。



部屋の設備は清潔ですが、経年劣化は致し方ないかなという感じ。


アメニティもタイ標準値はキープしているかなというレベル。歯ブラシはモチロン置いてありません。


このホテルの推しは部屋の広さと食事会場につきます。広さは値段を考えた場合の坪当たり単価が安いかなと。



食事会場からの眺めは日本人ならば誰でも気に入るハズです。


オススメの遊び場所

・WS


【第4位】


オーガストスィーツホテル






ここはなんと言っても部屋の広さに驚きました。

august


完全にニコイチの部屋。朝食会場もロビーも広い。

ロケーション ★★☆☆☆
設備     ★★★☆☆
アメニティ  ★★☆☆☆
食事     ★★★☆☆
快適度    ★★★★☆

たまたま泊まった部屋がエグゼクティブスィートという事がありますが、チェックインの際にアップグレードしてくれたので快適でした。

スタッフは可もなく、不可もなくですがこれは気になるポイントがなかったという事でしょう。


ロケーションはパタヤカン沿いですので、ソイ6にもWSにもブッカオへもソンテウが便利に使えます。


パタヤカンのマッサージ店巡りには最高の場所です。お遊びにはどこへでも行ける「おへそ」的な場所で静かですし、特に目的を決めずにパタヤを楽しむにはとても良い位置にあるかと思います。


オススメの遊び場所



・パタヤカン マッサージ店巡り




長くなってしまいましたので、今回はここまで。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

とーいです。



やってもーた。。。



約1ヶ月。



慣れが出てきた結果。



ついつい、今までの感覚が無意識のウチに出てしまった気の緩み。


納車から1ヶ月で早々とやってしまいました。



20200523_105318


ガリってしまいました。



相手はコイツ。


20200523_105257


隣の家との境にあるブロック。


右ハンドルである事をつい忘れてしまい、左ハンドルの感覚で自宅の駐車場から左折して出た瞬間!


ガツン!!という音。


いや〜な感覚を瞬間的に察知し、クルマを降りて見てみるとホイールにこのキズが。。



NooOォォオ〜!!!!!



左ハンドルと右ハンドルの内輪差というか、外輪差というか、左ハンドルの感覚で左にハンドルを切ったら右ハンドルなので、思っていた以上に内側に寄っていたという感じです。



なんとなく、今までのエスカレードの感覚が出てしまったんですね。



アルミの修理って意外とかかるんすよねぇ。


自分でヤスリがけ、パテ盛りしても良いんですが色合わせがダメだろうな。


土曜の朝イチから落ち込んでしまいました。



かれこれ10年以上、身体に染み込んでしまっていた左ハンドルの感覚に戻すために次のクルマはヤハリ左ハンドルにします。。。(アホです)



て、せっかく昨日は悲しくもあり、忘れていたから尚更のちょっとしたサプライズでラッキー!と思っていた事があったのに。


そのラッキーな事とはコイツです。


20200523_112516





4月に予約しておいた訪泰でのホテルとJALの払い戻しです。


6,397円はバンコクのフラマエクスクルーシブ アソーク。


10,986円はパタヤの247ブティックホテルでした。


それぞれ、1泊と3泊の料金です。


バンコクはタイ到着日にホテルであとはコンケーンへ行く予定だったので1泊のみ。


パタヤは現地には1週間滞在の予定だったのですが、初日と最終日はLちゃん家、あと1日はOちゃん家に予定していたため3泊をホテルという感じでした。


JALはマイレージで取った分のTaxが戻ってきたんですね。


行けなくなってしまったのは寂しい限りですが、忘れていたキャンセル分が返金されてきたのはサプライズで結構うれしかったです。



でもアルミ。。。悔しいっス。。



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 




↑このページのトップヘ