なんだか関東地方では4月に入ってからよく分からない天気の日が多いですね。



4月のアタマには夏日があったり、毎日のように雨が続いたり。



土日は雨が降っているか強風がふいているかばかりなので、大好きな洗車が出来ずフラストレーションの捌け口が見つからないとーいです。



さて。



表題の件ですが、タイへの駐在が決まりました。



私ではありませんけど。。。(;^_^A



今の私はその話があっても断るしかない状況です。



実は以前にブログに書いたこのコが見事、タイでの駐在が叶うことになりました。







彼はタイへの駐在歴があり、タイ人彼女のおかげと本人は言っていましたがタイ語もそれなりに理解出来るしウチの会社の勤務履歴が評価されたようです。



そうです。転職での駐在です。



彼はこの4月に私の部署から異動となり、国内のみが仕事の領域となってしまったことで転職を決意したそうです。



3月彼に内示をした際にかなりのショックを受けており直接私が彼に内示をしたのではなかったのですが、その内示後に何度か相談を受けていました。



私は彼に期待しており、いずれタイ駐在が可能になったタイミングで戻してあげるつもりではいたのですが、他の部署からどうしても彼が必要だと要望を受けて仕方なくという事情がありました。



私の部署はタイも含めて海外の仕事の比重が高いが故に今の状況では立場があまり優位ではなく、「国内市場の建て直し」を上段に振りかざしされると何も言えなく。。。



彼の転職活動については個人的に知っており、また相談を受けていたので決定した際は喜びました。



転職先は会社の規模としては若干小さくて、収入もウチの会社で駐在するよりかなりダウンするようですが、それでも国内でこのままウチに居るのより少し上がる額が保証されるようです。



本人の希望が叶い、収入も少し増えて凄く喜んでいました。



なによりビックリしたのは職務履歴を送ったら全然違う業種なのに即面接のリプライがあり、すぐに採用が決まった事。



本人も言っていましたが、ウチの会社のネームバリューとタイ駐在の経験で殆ど即決のような会話を面接でされたそうです。



やはり現地で働いていたという事は相当大きいのですね。



転職決定祝いに2人で昨日のランチは職場近くのタイ料理屋へ行ってきました。



そんなことでランチしている最中はオールでタイ話。



今のバーツ高やらサーチャージなども話していて個人的に気になったのでサーチャージを調べてみました。



ご存知のようにサーチャージは以下のスケジュールで決定されます。


・発着日を起点に2か月前に2か月間のサーチャージを発表
・発表2か月前に燃油価格傾向と為替を基にサーチャージを決定


例えば


4月に飛ぶ飛行機であれば、


・2か月前の2月に4月と5月分のサーチャージを発表
・更にその2か月前の12月の燃油価格と為替でサーチャージ額を決定


というのが殆どの航空会社で実施されているそうです。


ですので4月に飛行機に乗りたいのであればその前年の12月時点での燃油価格と為替が大きく影響する訳です。


ちなみに今、8月のお盆休みのチケットを購入すると4月に発表されたサーチャージ料金が適用されます。


それが6月に入ってから8月のチケットを購入しようとすると、6月発表のサーチャージ料金が適用されてしまいます。



て事でANAとJALのサーチャージを調べてみました。



ビックリです( ゚Д゚)


JALの6月・7月発券分のタイ便のサーチャージですが


片道¥19,600です。


片道ですよ!往復で39,200円がチケット代とは別に掛かるんです。これに税金やら空港使用料、さらにはタイへの入国税らしきものが6月から加わります。



ANAは片道¥20,400だとか。。。



ちな、このサーチャージは価格ゾーンと呼ばれる区分がありましてそのゾーン価格自体も先月までと比較すると地味に200円上昇しています。



2月から4月までのサーチャージは¥9,400だったんですよ。ゾーンでいうと一気に2段階アップのステージに設定されています。



JALの場合、一年前の2021年4月はゾーンの適用なしという事でサーチャージの徴収自体がありませんでした。



1年で片道0円→19,800円のアップとなってしまった訳です。



しかも終わりが見えてこない円安。



円安は燃油価格の購入時のレート計算ですので原油価格の高騰に追い打ちをかけて利用者への負担増として乗っかってきます。



日本人にはダブルパンチですよね。



単純にコロナ前に往復10万円でチケット購入していて、今年同じ時期にタイへ行こう!と思ってチケットを見てみると3年前と同じチケット代であっても



40,000円の料金値上げと同じになってしまいます。



原油価格上昇が最も影響が大きいのですが、円安も侮れないというか。。。



あ、私は今回溜まったマイルでJALにて予約していますがサーチャージは現金もしくはeJALポイントでの支払いしか出来ませんので現金で支払っています。


だいぶ前に取り直しをしたので片道8,500円でした。



来月6月/7月発券分は据え置くような記事を見ましたが8月発券分からはまた今の情勢ですと上がりそう。。。



円安と原油価格に大きく振られますがお盆休みや年末への訪問を予定されている方はサーチャージの事も頭に入れておき、早いウチの購入が良いかもですね。




にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



タイ(海外生活・情報)ランキング