とーいのつれづれ

タイを中心としたホテルや飛行機、遊びなどをつれづれに綴っています。


 



< エクスペディアの見方 >



 



 



とーいです。



 



さてさて。



 



次にもう1つ、チェックしてみましょう。



 



エクスペディアです。





 



ここはうまく活用しましょう。



 



前回前々回と安値のチェックをしてきました。



その中で、皆さんもよくご覧になっていると思われるエクスペディアが入っていませんでした。



 



 



私の中でエクスペディアは3番目にチェックするサイト(アプリ)になります。



同じ条件(6ヶ月前時点、8月11日出発/18日到着)でタイ・バンコク行きの価格を見てみます。



 



 





 



 



おぉっ~と。



 



スクートで航空会社直接購入より安い57,327円が出ています。



 



となると、スクートでの航空会社直接購入はほぼ意味がなくなります。(クリスフライヤー/スタアラのマイル獲得目的除く)



 



現地(タイ)での宿泊を考えなくてもよい(ホテルに泊まらない)などの事情があれば別ですが、エクスペディアで航空券を押えると「AIR+割」という制度(?)があり、宿泊をセットにすると特典がONされます。



 



上記の写真でも「この航空券を7泊分の~」とありますが、エクスペディアで宿探しをすると航空券と宿泊代トータルでの出費が若干、抑えられます。



 



 



 



(私はJALと提携させてエクスペディアの予約を入れ、且つ支払いをJALカードにしてセコくJALのポイントを稼いでいますw。)



 



 



 



 



こんな感じでまず、海外旅行における比重が高い航空券に係る費用を安くするための前準備が終わりました。



 



 



(まだ航空券は買いません)



 



 



またスクートはスクートビズという、ビジネスクラスが爆安で出ている場合もあります。



エクスペディアでチェックをする際は「ビジネスクラス」での価格チェックをしてみて下さい。



 



うまくいくと他の航空会社のエコノミーよりはるかに安い価格でビジネスクラスへ搭乗出来ます。



 



またHIS系のSurpriceでは時折特典として「○○○○円更にOFF!」みたいなキャンペーンもやっていますので表示されている価格より安くチケットを獲得出来る場合もあります。





Surpriceで取扱手数料が無料だったり、日本の会社なのでやり取りが非常にスムーズだったり目に見えないところでの安心感などもあり、検討されてみても良いかもしれません。



 



私も数回、利用したことがありますが渡航の注意事項や確認など出発までに何度も案内メールがありとても安心して利用出来ました。



 



エアアジアやスクートなどは英文のメールが届いたりすることがあり、英語に自信のない方は「なんだろう」と不安にあることもあるかも知れません。



 



 



 



まぁ、いろいろと経験してみることでチケットを安く購入するための選択肢がどんどん広がっていきますので色々なサイトなどをTRYしてみるのも良いですね。



 



 



 



 



 



 



 



 



次は宿泊先の選定になります。



 



にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




JUGEMテーマ:タイ




 



< LCCの航空券購入 >



 



 



とーいです。



 



前回の記事で、トラベルコとスカイスキャナーでLCCでの最低価格の目安を確認しましたが



次の私のアクションを紹介します。



 



 



トラベルコでエアアジア、スカイスキャナーでスクートが最安値の航空会社として出てきました。



 



東南アジア、特にタイへ向かうLCCで安値を狙えるのはこの2社です。



中華系やシンガポールなどの航空会社もまれに最安値として表示されますが、乗り継ぎでの旅程となります。



 



敢えてトランジット有効活用という手もありますが、私は現地の時間を出来るだけ確保したいために直行便を利用します。



 



 



そこで先に最安値の価格を抑えておいた航空会社のHPにアクセスして値段を再チェックします。



(これが結構重要です)



 



と、いうのもエアアジアやスクートは4半期ごとにほぼ定期的なセールや突発的なセールをよく開催しています。



 



 



 



 



(以下、サンプル画像です。クリックしても飛びません)



 



■エアアジア



 





 



 



■スクート



 





 





 



 



ちょっと記事を書くタイミングではよいセールをやっていませんでしたのでアレですが・・・



 



片道1万円以下で売り出していたりもます。



 



 



 



 



このような航空会社のセールは比較サイトで反映されない場合が多く、直接HPやアプリで確認することをオススメします。



 



 



また、HPとアプリも相互に見ると良いですよ。エアアジアなどは小さく



 



 



※アプリでは申し込めません。 や ※モバイルアプリ限定価格。



 



など、限定価格設定がそれぞれでされている場合もあります。



 



 



 



ちなみに6ヶ月前の時点で8月11日出発/18日到着でそれぞれの航空会社HPで見ると



 



 



エアアジア



 往路:23,000円 復路:22,430円 合計:45,430円



 



スクート



 往路:30,983円 復路:27,688円 合計:58,671円



 



 



が最安値でした。



 



これに空港税や手数料が乗っかってきます。



 



 



 



 



トラベルコと比べてエアアジアは4,700円ほど、スカイスキャナーと比べスクートは28,000円ほど安くチケットが確保出来ます。



 



 



 



両社ともにセール情報などはメルマガ登録しておくと配信されてきますのでこまめにHPや比較サイトを覗きながら航空券を確保して下さい。



 



 



 



~ つづく ~



にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




< 航空券購入比較サイト >



とーいです。


皆さんは海外に出発する際には何から準備しますか?
準備というよりも計画することから始めないといけませんが。


私の場合は



1.休みの取れる日程を確保。
2.航空会社(レガシー or LCC)を決める。
3.航空券を押える。
4.宿泊先を押える。
5.持ち物を決める。
6.出発。



だいぶ、アバウトですね。。



しがない会社員の身として旅行での長期休暇は年末年始・ゴールデンウィーク・お盆休みくらいしかありませんので日程を確保するところから旅の準備が始まります。



実際には私は出張族で年に3~5回ほどは出張で東南アジア中心ですが行っています。その出張に土日や有休を組み合わせて観光(というか遊びですね)を満喫してはいるのですが。



グアム・サイパン・韓国・台湾など近場でも現地で最低2泊はしてのんびりしたいので土日にプラスαの休みがどうしても必要になります。




タイには飛行機に片道6時間以上かかり、更に出国のために2時間、空港までの道のりに2時間、現地での入国審査と荷物受け取りに1時間半程度と家を出発して空港でタクシーに乗るまで最低12時間ほど無条件に時間が取られてしまいますので往復で丸々1日が費やされてしまうためにハワイでもそうですが、「せっかく行ったのだから・・・」の気持ちが強く、1週間は休みを確保したいところです。

 



と、いうことで休みが確保出来たら次に航空会社を決めます。




基本的に私はJAL/ANAの日系航空会社のマイル修行は国内+ショッピングで積み立てて海外はLCCなのですが、マイルの積算状態と期限などを確認してレガシー or LCCの航空会社を決定します。



レガシー利用の場合は各社のモバイルアプリから素直に予約しますが、LCCの場合は少しだけ手間を掛けてひたすら安値を狙います。
(タイエアなどは私の場合、LCCと同じ括りに入りますw。安ければ選ぶし、、みたいな。スタアラですのでタイエアで取るならANAを選択してしまいます。)

 



LCCで安く行く



レガシーではなく安く海外に行きたい場合、私は



1.価格比較サイト(アプリ)で最安値をチェック。
2.LCCのHPとアプリで同日の値段をチェック。


を行います。


まずは比較サイト(アプリ)



トラベルコ


海外比較サイトのトラベルコ。最近CMなどの露出も多くなっています。






まずはココで往復航空券⇒片道航空券の順に価格チェックをして、それぞれの値段を抑えておきます。




スカイスキャナー



次にトラベルコ同様の航空券比較サイトのスカイスキャナー





トラベルコと被ることもありますが、微妙に値段に違いも。こちらも往復⇒片道それぞれで価格を調べます。

 



2つともアプリもありますが、トラベルコはWEBサイトが開くだけでスカイスキャナーは表示が遅く、私はもっぱら「トラベルコ = PC閲覧」「スカイスキャナー = アプリ」で使い分けしています。



例えば、6ヶ月前の時点でお盆に入る2018年8月10日出発/18日到着の成田-バンコク直行便は




・トラベルコ    50,136円(エアアジアX)
・スカイスキャナー 87,370円(スクート)




かなり差があります。




また上記は往復での値段ですが、片道で往路+復路それぞれで検索しても値段が変わってきたりします。





まずはこの2つで大体の最低価格の目安を確認しておきます。





~ つづく ~



 



 



にほんブログ村 大人の生活ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ